AGA治療薬について

男性の薄毛治療として効果の高いプロペシア

「生え際の後退」「頭のてっぺんが薄くなった・・・」「分け目が目立つ・・・」など男性の薄毛に関する悩みは多いですよね。

 

そんな男性の薄毛の中で男性ホルモンであるDHT(ジヒドロツテステロン)が原因で起こる薄毛のことを男性型脱毛症(AGA:Androgenetic Alopecia)と呼びます。

 

この男性型脱毛症(以下AGAとしますね)の治療に効果が高いとされているのがプロペシアなんです。

 

その仕組みを簡単に説明すると、

 

AGAになるのは男性ホルモンのDHT(ジヒドロテステステロン)が原因なのですが、DHTは別の男性ホルモンであるテステステロンに還元酵素の5αリダクターゼが作用することで作られるんですね。

 

そこでプロペシアですが、還元酵素である5αリダクターゼの働きを抑えて
、テステステロンがDHTに変化するのを防ぐ作用があります。

 

その結果、脱毛物質であるDHTが作らないのでAGAの進行は止まるんですね。
更に、ヘアサイクルが正常に戻ることで発毛へと導いてくれます。

 

ペロペシアを1年間服用した場合、約48%の方に薄毛の改善がみられたというデーターがあります。また2年間服用した場合には約68%の方に薄毛の改善結果が出ています。

 

関連コンテンツ

⇒プロペシアの効果と副作用

 

 

 

発毛効果の高いミノキシジル

プロペシアと並んでAGA治療薬として知られているのがミノキシジルですね。

 

ミノキシジルには血管拡張作用があり、もともとは高血圧の治療薬として使用されていたんです。

 

血流が改善されたことで肝臓で作られた髪の毛の栄養素が効率良く毛根へ運ばれることで発毛が促進されるということです。

 

ミノキシジルを主成分とした育毛剤としてリアップが有名です。このリアップですが、ミノキシジルの含有率が5%なんですね。発売当初は1%だったことを考えると大きく前進しましたが、副作用の危険性があることで厚生労働省に規制が入っています。

 

またミノキシジルをタブレットにしたAGA治療薬がありますが、これはリアップとは違い薬局で購入することは出来ず、病院で処方してもらう必要があるんですね。

 

というのも、リアップとは比較にならならい量のミノキシジルが含まれているので医師の指導の下で服用しなければ生命の危険性も否定できないからなんです。

 

 

関連コンテンツ

⇒ミノキシジルの効果と副作用

 

AGA治療薬を個人輸入で購入する危険性

プロペシアミノキシジルも、とても効果の高いAGA治療薬ですが、その副作用の危険性を考えると病院で処方してもらい、正しく使用することがとても重要なことなんです。

 

確かに、個人輸入で購入することで価格は低く抑えられるかもしれません。しかしながら、個人輸入に頼ることでの危険性もあるんですね。

 

原産国が分からないものある

 

原産国が分からないということは、「何が入っているのか分からない」ということです。本当にプロペシアなのか? また、ミノキシジルの含有率の高すぎるもの・・・。これは生命的な危険です!

 

 

医師の指導の下での服用が出来ないので健康被害の可能性が高まる

 

 

プロペシアもミノキシジルも医薬品なんです。医薬品は医師に処方してもら、医師の指導の下で使用する必要があります。それは副作用の危険性があるからですよね。副作用の危険性低い風邪薬でさえ大量に服用すると命を落とすこともあります。

 

 

このことからも個人輸入での購入はやめましょうね

 

 

プロペシアの主成分であるフィナステリドにはフィンペシアというジェネリック医薬品があります。価格もフィナステリドより安く、同じような効果が得られるので医師と相談して下さいね。

 

 

プロペシアの価格も7,000円前後と個人輸入と比較しても大差のない価格差になってきたんですよ。安全性を考えるならクリニックが安心ですね。

 

 

またフィナステリドの価格が1ヶ月3,750円という破格のクリニックも出現しました。こうなると、効果の怪しい育毛剤よりも安いですよね。

 

AGA治療専門のクリニックで処方してもらうメリットとは?

プロペシアやミノキシジルにしても、ジェネリック医薬品であるフィナステリドにしても価格面でも個人輸入と大差がなくなってきました。

 

中には、とても安く個人輸入できるかもしれませんが、危険性の高さを考えると個人輸入はデメリットしかないように感じます。

 

発毛を目的とした薄毛治療の病院でAGA治療薬を処方してもらうことで、医師の指導の下で体調管理をしながら最大の効果を引き出す使用方法と取ることが出来ます。

 

ここで大切なことがあるのですが・・・

 

プロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬を処方してもらうには、皮膚科と薄毛・発毛治療を専門に行っているAGAクリニックがあるんですね。

 

管理人がお薦めするのは、薄毛・発毛治療を専門に行っているAGAクリニックです。

 

というのは、

 

皮膚科の医師というは、薄毛治療や発毛治療を専門にしているわけではありません。皮膚の炎症を専門にしているのです。

 

髪の毛が皮膚の一部であるという医学的見地から皮膚科が治療薬を扱っているに過ぎないのです。

 

 

一方で、AGAクリニックにおいては、薄毛・AGAの進行を抑える治療やハゲの方に対して発毛を促す治療を専門的に行っているのです。

 

さらに、

 

プロペシアやミノキシジルだけでは効果の出ない方も少なからずいるんですね。そんな方には、クリニック独自のオリジナル治療薬で治療することで高い発毛実感率を誇っています。

 

平均して治療開始後6ヶ月程度で発毛を実感してる患者さんが99%以上もいます。ち

 

より早く、より確実に発毛という治療効果をえるために育毛メソセラピーやHRAG療法という治療をすることも選択することが出来ます。

 

これは、AGA治療薬を頭皮から直接注入することでダイレクトに毛根に作用させる治療方法です。

 

育毛メソセラピーとHARG療法の違いは、注入する治療薬の違いです。

 

HARG療法に使用される治療薬には、人間のあらゆる元となる細胞となる幹細胞から抽出した「成長因子」を含むタンパク質AAPEを頭皮に注入して発毛機能を蘇らせる再生医療です。

 

一方、育毛メソセラピーには「成長因子」は含まれないんですね。フィナステリドやミノキシジルを主成分として、それらの効果を高めるためにビタミンやタンパク質などを複合的に配合したものを治療薬として使用しています。

 

では育毛メソセラピーとHARG療法のどちらが発毛効果が高いのかという疑問がでてきますよね。

 

HARG療法という治療法が確立された当初こそHARG療法の方が治療効果が高いとされていましたが、発毛研究の進んだ昨今では育毛メソセラピーにおいても99%以上の発毛効果を得ています。

 

ということからも治療費の面からも育毛メソセラピーに優位性があるのではないでしょうか。

 

 

関連ページ

AGA治療のおすすめ病院

AGA治療を病院で受ける前の心構え

これまで述べてきたように、AGA治療には内服薬や外用薬などのようなプロペシアやミノキシジル、また病院ごとに開発されているオリジナル治療薬があります。

 

また、治療薬を頭皮から直接注入する育毛メソセラピーやHARG療法があります。最近では自毛植毛などの外科的治療まであります。

 

ではどの治療から始めるのが良いのでしょうか?費用に余裕があるのであれば自毛植毛も良いでしょう。確実に発毛しますからね。

 

ただプロペシアで効果があるのであれば費用面では一番メリットがあります。これは遺伝子検査をすることでプロペシアで効果が期待できるのかを調べることができます。治療前に遺伝子検査をすることをお薦めします。

 

オリジナル治療薬という選択もありますね。99%以上の方に発毛効果が出ています。ただ育毛メソセラピーやHARG療法のような短期間での回復率があるわけではありません。

 

しかしながら99%以上の発毛効果があり育毛メソセラピーよりも治療費でメリットがあります。まずはプロペシアやオリジナル治療薬から始めてみてはいかがでしょうか。

 

関連コンテンツ

薄毛治療の病院
自毛植毛の病院ランキング