5αリダクターゼの分泌を抑制する方法とは?

5αリダクターゼとは?@1型と2型があるの?

5αリダクターゼは、AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す物質です。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)が作り出される仕組みは、通常誰もが持っているテステステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼ(還元酵素)の影響を受けて、より強力なDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。テステステロんをDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化させる作用を持つが5αリダクターゼです。

 

また5αリダクターゼには1型と2型があります。この主な違いは存在する場所です。

 

5αリダクターゼT型とは・・・・・

 

5αリダクターゼT型は、皮脂線に多く存在しています。
皮脂の分泌が多い人は、5αリダクターゼT型の分泌量も多いと言えるでしょう。

 

5αリダクターゼU型とは・・・・・

 

5αリダクターゼU型は、毛乳頭に多く存在しています。
髪の毛を生やす司令頭と言える“毛乳頭”に存在するのですから、これがAGAに多大な影響を与えていると思われます。

 

 

また、5αリダクターゼT型は側頭部と後頭部に存在し5αリダクターゼU型は前頭や頭頂部に存在するのです。

 

 

AGAになるのは、「生え際」と「頭頂部」ですね。
まさに“5αリダクターゼU型”の存在するところです。

 

一方、AGAの人でも、下の髪の毛はハゲませんよね。
“5αリダクターゼT型”の存在場所ですね。

 

ということは、“5αリダクターゼU型”を抑制することができればDHTが生成されません。つまり、AGAにならない⇒ハゲない!ってことなんです。

5αリダクターゼはどこから分泌するの?

5αリダクターゼ1型は皮脂腺から分泌し、5αリダクターゼ2型は毛乳頭の近く分泌しています。

 

テレビCMで「毛穴をすっきり!皮脂を取り除く!」なんてキャッチコピーで育毛シャンプーの宣伝をしていますが、これは「5αリダクターゼ1型」には多少の効果がありますが5αリダクターゼ2型には全く効果がありません・・・(汗)

 

そもそも皮脂線から分泌されている皮脂は頭皮を守る上で必要な物質です。これを洗浄力の強い育毛シャンプーで取り除き過ぎると「脳が皮脂が足らない!」と判断して、さらに皮脂を分泌するようになります。これって、逆効果ですよね。毎日使うシャンプーは洗浄力よりも頭皮に優しい無添加のものを使いましょうね。

 

そもそも、5αリダクターゼが活性化するかは遺伝によるところが大きいのです。これが、薄毛やハゲの大きな原因の一つになっている理由です。

5αリダクターゼを抑制する食べ物とサプリ

5αリダクターゼを食べ物で抑制する

 

5αリダクターゼを抑制する食べ物には、「レバー、牛肉、しじみ、生ガキ」など亜鉛を多く含まれる食材があります。また「納豆、豆腐、豆乳」などの大豆を成分として食べ物にはイソフラボンが含まれており5αリダクターゼの働きを抑制する作用があります。

 

そして「リノール酸、リノレン酸、オレイン酸」が多く含まれているノコギリヤシにも5αリダクターゼを抑制する作用のあることが分かっています。最後にアロインという成分の含まれるアロエにも5αリダクターゼを抑制する作用があります。

 

こうしていみると、身近な食材からも5αリダクターゼを抑制する作用のあるものがあることが分かります。毎日の食事からも5αリダクターゼのことを意識してみるもの良いかもしれませんね。

 

5αリダクターゼを抑制するサプリ

 

いろいろな食材5αリダクターゼを抑制する作用のあることが分かりましたね。食事から摂ることは出来るのですが、それよりも簡単に摂取できるのサプリメントです。医薬品とは違い副作用の心配もなく手軽に取れるので、有効にサプリを利用するのも一つの方法です。

 

「亜鉛、イソフラボン、ノコギリヤシ、アロエ」は、どれもサプリで摂ることができますね。

 

■5αリダクターゼを阻害する亜鉛の効果■
また、5αリダクターゼを抑制する効果があるものとして「亜鉛」が上げられます。
亜鉛は髪の毛を作るのに必要なミネラルの一つです。髪の毛の成分である「ケラチンケラチン」は亜鉛が不足すると十分に作られなくなるのです。これが抜け毛や薄毛の原因の一つとなっています。
また、体内に十分な亜鉛があれば5αリダクターゼを抑制してくれるんです。亜鉛とゼライン酸をある条件下で組み合わせると抑制力が強くなるようです。
亜鉛は食品からも摂ることができます。多く含む食材として、生ガキ、レバー、牛肉などが知られています。最近では、サプリメントとしても摂取することが出来るので、手軽に薄毛対策をすることも出来るようになりましたね。

5αリダクターゼの阻害薬@プロペシアとザガーロ

“5αリダクターゼ1型”も“5αリダクターゼ2型”の両方に対処する必要はありますが、主に“5αリダクターゼ2型”に集中して対処する必要があります!

 

というのは、5αリダクターゼ1型は皮脂線から分泌するので、毎日のシャンプーで一定の効果がありますが、5αリダクターゼ2型が毛乳頭付近で分泌されるので、これを抑制しないと“薄毛・ハゲ”の原因であるDHTの発生に繋がってしまうからです。

 

一番有効な方法に『プロペシア(フィナステリド)』があります。

 

プロペシア(フィナステリド)とは、前立腺肥大症の薬として用いられていたものが、AGAにも効果のあることが分かり、その作用を解明してところ、“5αリダクターゼU型”の働きを抑制する効果のあることが分かりました。

 

日本では「プロペシア」の薬品名で発売されていますが、医師の処方箋が必要です。もともと前立腺肥大症の薬として用いられていたものです。薬には副作用の心配がありますよね。そのため医師の処方箋が必要なのです。

 

AGAの専門病院では、7,000円〜から手に入れることができるので正規のルートでお買い求められるようにお願い致します。

 

最近では、プロペシアよりも効果の高いと言われているザガーロが評判になっていますね。こちらで説明しているので参考にして下さいね。

 

⇒ザガーロの効果と副作用

 

個人輸入により外国産のプロペシア(フィナステリド)を安価で購入されてる方もいるようですが、外国人用の容量になっているので危険です。副作用が出ても、取り返しのつかないことにもなりまねません。

5αリダクターゼの分泌を抑制する方法とは?