DHTを抑制できれば薄毛・抜け毛を改善できる!?

男性型脱毛症(AGA)の原因であるのがDHT(ジヒドロテステステロン)です。このDHTの働きを抑制することができれば、抜け毛は増えず薄毛になる可能性も限りなく低くできます。(*DHTは男性型脱毛症の原因ではありますが、原因の100%ではありません。)

 

このDHT(ジヒドロテステステロン)ですが、テステステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼ(還元酵素)の影響を受けて作られることが分かっています。

 

そこで5αリダクターゼの働きを抑制する成分として、「ノコギリヤシ、イソフラボン、M-034エキス、オウゴンエキス、加水分解酵母エキス、ノコギリヤシ、キャピキシル、tーフラパン、ヒオウギエキス、ビワ葉エキス、プラセンタ、ポリリン酸ナトリウム、アロエエキス」など、数多くの成分があります。

 

これらは育毛剤や育毛サプリメントなどの成分として使用されています。では育毛剤や育毛サプリメントなどでDHTの働きを抑えることができるのでしょうか?

DHTをサプリで抑制できる?<ノコギリヤシについて>

育毛サプリの成分として最も多く使用されている成分の一つにノコギリヤシがあります。

 

ノコギリヤシでDHTは抑制できるのか?

ノコギリヤシにおけるDHTの抑制効果の予備調査で『6割に改善が見られた』というのが、その根拠となっているようです。

 

しかし、その予備調査は6か月という短い期間であり、被験者10人という小規模のもので、信頼に足るという調査結果とは言い難いでしょう。

 

ということは、育毛サプリメントなど、ノコギリヤシの育毛効果など宣伝している商品がありますが、疑問が残るところですね。

DHTを育毛剤で抑制できる?

M-034エキス、オウゴンエキスで抑制できる?

育毛剤チャップアップやブブカなどに使用されている「M-034エキス」や「オウゴンエキス」はどうでしょうか?

 

確かにDHTの生成を抑える作用があるようですが、育毛剤に配合してある量からも効果がある!とまでは言えないようですね。

 

育毛剤のほとんどは「医薬部外品」として登録されています。これは「効果がある」とは宣伝できないという分類に含まれます。(*医薬品登録するには根拠となるデータが必要です。)

 

配合されている成分には効果があっても、充分な量が含まれているわけではないということですね。

 

これは、他の育毛剤にも言えることです。

 

M-034エキス、オウゴンエキスの他にも「イソフラボン、加水分解酵母エキス、ノコギリヤシ、キャピキシル、tーフラパン、ヒオウギエキス、ビワ葉エキス、プラセンタ、ポリリン酸ナトリウム、アロエエキス」などが育毛剤の成分として使用されていますが、DHTを抑制できるとまでは言えないのが現状です。

DHTはプロペシアで抑制できる!

DHTが作られないようにするにはプロペシアを服用するのが一番効果が高いことが解明されています。

 

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、DHTが作られる原因である「5αリダクターゼ」の働きを抑制します。これは医薬品ですので、はっきりと効果を言えるので信頼性が高いです。

 

これはデータにも示されています。

 

フィナステリドを1日1r服用した場合、1年間で改善が見られて人は7割弱です。また、2年以上服用した場合には、8割以上の方に効果がみられるようですよ。

 

 

さらにミノキシジルを併用することで、高い発毛効果も期待できます。ミノキシジルは育毛剤リアップにも配合されれいますが、医薬部外品であるリアップのミノキシジル配合濃度は5%と低いので、より効果の高いミノキシジルタブレットは薄毛治療の専門クリニックで処方してもらう必要があります。

 

医薬品ですので医師の処方が必要です。

 

中には個人輸入で購入される方もいるようですが、お薦めできません。医薬品ですので、副作用の可能性もあるから医師の指導ものもとで服用するのが一番安全です。

 

 

薄毛治療で処方されるプロペシアとミノキシジルに亜鉛などのサプリメントを併用することで99%以上の患者さんが「髪の毛が生えてきた」と感じているというデータがあります。

 

これはかなり高い数値ではないでしょうか?

DHTを抑制し薄毛の進行と止めて発毛させる

育毛剤や育毛サプリメントなどでもDHTを抑制できると言われていますが、一番効果の高い抑制方法はプロペシアの服用です。

 

ノコギリヤシやM-034エキスなど有効性の高い成分が育毛剤などに配合されていますが、配合濃度が低いので「効果がある」ということまでは言えないのが現状です。

 

また一番効果の高い成分としてはフィナステリドが広く知られています。これはプロペシアの主成分であり、病院で医師の処方のもので購入することができます。

 

抜け毛を減らし、薄毛への進行を食い止めるのであればプロペシアを服用するだけでも効果がありますが、もし、あなたが「すでに薄毛であり、薄毛を改善したい」のであれば、ミノキシジルを併用することをお薦めします。

 

ただし、プロペシアもミノキシジルも効果のある医薬品ですので、医師の処方が必要です。副作用の可能性もあるので個人輸入などに頼らずに専門のクリニックで処方してもらいましょうね。

 

また専門クリニックであればプロペシアとミノキシジルだけでなく、99%以上の発毛実感率を誇るクリニック独自のオリジナル治療薬を使用することが出来ます。

 

安全性だけでなく、高い発毛効果を得たいのであれば薄毛治療の専門クリニックがお薦めです。

 

では、どのクリニックで処方してもらうことが良いのでしょうか?

ヘアメディカルをお薦めする理由とは?

各AGAクリニックには、プロペシアとミノキシジルを主成分としたオリジナル治療薬を開発しています。

 

中でも、ヘアメディカは600パターンのオリジナル処方薬を開発しています。薄毛の症状は人それぞれ微妙に違います。「症状が違えば処方薬も違う」というのがヘアメディカルの考えです。

 

そう聞けば「もっともだ!」と思うかもしれませんが、ほとんどのAGAクリニックでのオリジナル治療薬は2〜3種類の薬から成り立っています。

 

600パターンというのは、とてつもない数字なんです。

 

これだけでも、ヘアメディカルにアドバンテージはあると思いますが、治療費の面でもヘアメディカルは安心感があります。

 

というのも、ヘアメディカルでは「ローンを組ませない」というスローガンのもと治療費に上限を決めているので「一体いくらかかくるの?」という不安がありません。

 

また、治療を「内服薬と外用薬との併用」に限定しているので、高額になることもありません。

 

他クリニックでは「1回の施術が70,000〜120,000円程度する育毛メソセラピー」も、ヘアメディカルでは行っていません。

 

内服薬と外用薬の併用で充分な発毛治療を行えるという自信を持っているようです。実際に18年間で150万人以上の患者さんを治療している実績はダントツです。

 

DHTを抑制して薄毛を改善させたいのであれば、ヘアメディカルに相談してみましょう。

 

>>ヘアメディカルの詳細ページはコチラ