AGAに効果ある薬とメソセラピーとは?

AGA(男性型脱毛症)に治療方法としてはプロペシアの有効性が認められています。プロペシアの主成分であるフィナステリドにAGAを抑制する効果が認められています。

 

またミノキシジルもAGAの有力な治療方法です。血管の拡張さようがあるので、血行を促進する効果があります。血行がよくなり肝臓で作らた髪の栄養分を毛根まで運ぶことができるようになります。

 

このプロペシアとミノキシジルを併用するにはAGAの治療方法としては最強です。抜け毛を止める「ブレーキ」発毛を促す「アクセル」の両輪と言えるでしょう。片方だけでは、十分な効果を発揮できないでしょう。

 

さらに治療薬を頭皮より注入する治療方法の育毛メソセラピーは、AGAを改善させる効果が高まり、短期間で薄毛から回復できる可能性があります。

 

さらに詳しく解説します。

 

 

AGAを治療方法@プロペシアで抜け毛を止める!


プロペシアの主成分であるフィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)の原因である還元酵素の5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。

 

この作用によって、AGAの原因であるテステステロンがDHT(ジヒドロテステステロン)に変化することを防ぐことができます。

 

DHTが作られないので抜け毛も増えることなく、細毛にもなりません。(*加齢による薄毛やストレスによる細毛化を防ぐものではありません。)

 

「抜け毛抑止」というブレーキ役といえる治療方法です。

 

■関連ページ>>プロペシアの効果と副作用

 

AGAの治療方法Aミノキシジルで発毛促進


ミノキシジルは、もともと高血圧の薬で血管拡張作用があります。血管を拡張し圧迫感を減らしまうす。その結果、血圧を下がります。

 

この血管拡張作用により血液がスムーズに流れるようになり血流が改善されます。すると、肝臓で作られた髪の毛の栄養素を効率的に毛根に運べるようになります。

 

結果として、髪の成長を促進させるというアクセルの役割を持つ治療方法と言えます。

 

■関連ページ>>ミノキシジルの効果と副作用

 

AGAの治療方法Bメソセラピーで治療期間を短縮

 

注射器などを使用して頭皮からダイレクトに有効な治療薬を注入する治療方法が育毛メソセラピーです。

 

*有効成分を注入するという治療方法をメソセラピーと呼びます。これまでは、美容皮膚科などでプラセンタなどを皮膚より注入することを指していました。育毛に関するメソセラピーなので「育毛メソセラピー」と呼びます。

 

■関連ページ>>育毛メソセラピーとは?

 

注入する成分に「成長因子」も用いるクリニックが多いです。AGAの方は、間違いなく成長因子の量が減っているからですね。

 

通常、22時〜3時頃に分泌される成長因子ですが、夜更かしなどの生活習慣の影響で分泌量が減ってしまいます。(睡眠時に分泌されるので、起きていると分泌量は格段に減ります。夜更かしは厳禁ですね。)

 

成長因子はダイレクトに毛乳頭に働きかけ、毛母細胞の細胞分裂を促がすので髪の成長につながります。この治療方法は高い発毛実感率を誇るのが特徴です。

 


育毛メソセラピーは、発毛成長因子の他に発毛効果のある治療薬や保湿成分、ビタミン剤など発毛に必要な成分を、ダイレクトに頭皮から毛乳頭へ届けるというものです。

 

直接、注入するのですから必要量だけで良いのです。また、内服薬と違い副作用の可能性もかなり低くなります。また、女性の薄毛にも有効的な治療方法なのが嬉しいですよね。

 

 

育毛メソセラピーはどこで受けれるのか?

育毛メソセラピーはAGA治療の専門病院で受けることが出来る治療方法です。

 

プロペシアなどは皮膚科でも処方してくれますが、育毛メソセラピーは専門病院でなければ受けることができません。

 

また、育毛メソセラピーを受けずに、プロペシアとの併用による治療を受けるとしても、初めから専門病院で治療することが最適です。

 


というのは、

  • プロペシア単剤での治療で効果があるのか?
  • プロペシアとミノキシジルとの併用が望ましのか?
  • 育毛メソセラピーを選択した方が良いのか?

を自分一人で判断するのは困難です。AGA治療の専門医の診察を受けることが一番です。

 

■関連ページ>>プロペシアとミノキシジルの併用について

 

また、プロペシアの料金は専門クリニックの方が安い傾向にあります。それに皮膚科医は、AGAを専門にしているわけではないので、プロペシアを処方するだけというクリニックが多いのが現状なんですよね。

 

また、専門病院であれば

  • 治療の選択も広がります。
  • 遺伝子検査を受けれるのでプロペシアが効くのかが事前に分かる
  • 99%の発毛率を誇る育毛メソセラピーを選択できる

などメリットが大きいんですよね。

 

■関連ページ>>遺伝子検査について

AGA治療の効果が出る期間はどのくらい?

病院で行うAGA治療は、主に「フィナステリドを内服薬とし、ミノキシジルを外用薬」として併用します。

 

この2つの薬を併用することで1年以内に約45%の方が発毛を実感されています。また2年間継続して併用治療した方の約70%以上の方が発毛を実感しています。

 

これを“多い”のか“少ない”のかは、あなたの判断にお任せしますが、私としては、もう少し高くても良いのかなと感じています。

 

 

というのも、

 

 

発毛効果がとても高い「フィナステリドとミノキシジル」の併用なんですが、フィナステリド(薬品名:プロペシア)が効かない人がいるんです。

 

「えっ〜〜〜」と思われましたか?

 

それが2年以上服用しても70%の発毛率の秘密なんです。

 

フィナステリドで効果を得られるのかは、事前に遺伝子検査を受けることで分かるので、予算に余裕があれば、是非受けて下さいね。

 

 

AGA治療の期間を短縮するなら

フィナステリドとミノキシジルの併用で効果を高める手段として育毛メソセラピーがあります。

 

成長因子を注入することで高い効果が期待できると同時に、プロペシアとミノキシジルを併用するだけよりも、短い期間で発毛を実感できることもメリットの一つです。

 

ただクリニックによって注入する成分に違いがあるので、クリニックを選ぶ時には、発毛実感率や発毛実績などに注意して選ぶようにしましょう。

 

 

>>クリックして発毛実感率99.4%のAGAスキンクリニックの詳細ページを見る

AGA治療を皮膚科で受けたら損する!

皮膚科では、フィナステリドの服用が主な治療方法です。

 

ということは、フィナステリドが効かなければ、それ以上の回復は見込めないんです。(*中にはミノキシジルを併用する皮膚科もあります)

 

しかし、効くかどうかは、事前に分かるんですよ。遺伝子検査をすれば、フィナステリドが効くのか効きにくいのかが分かるんですよ。100%ではないけれど、ある程度の確率で分かります。

 

事前検査で「フィナステリドが効きにくい」と分かっていれば、アナタなら、どうしますか?他の治療方法を探しますよね?少なくともフィナステリドは使いませんよね(笑)

 

でも、皮膚科では遺伝子検査まではしません。これではフィナステリドを使うまで効果があるのか分かりません。

 

このような理由からも、AGA治療は専門の病院で行うのが正しい選択です。

 

また、フィナステリド(商品名:プロペシア)の料金も皮膚科よりもAGA治療の専門病院の方が安く設定されていることが多いんです。費用も安く、治療の幅が広いのですから皮膚科を選ぶ理由がありません。

AGA治療の実績が多い病院なら失敗しない

AGA治療の病院を選ぶ基準は「実績」と「評判」です。いくら評判が良くても実績が少なければ、良く考えましょう。

 

当サイトで紹介している「ヘアメディカル」は18年間の発毛治療の実績があります。また大学と提携して治療薬の開発にも余念がありません。

 

600パターンのオリジナル治療薬も18年の実績と研究から生まれました。

 

治療費においても「ローンを組ませない!」とモットーに無理のない料金設定を実現しています。

 

まずはカウンセリング(無料です)を予約して、あなたの薄毛・AGAがどの程度回復するのかを聞いてみましょう。その時に必要な費用の目安も聞いておきましょうね。

 

治療するのかは、治療方法と治療費に納得ができたらで大丈夫です。カウンセリングで無理に治療を薦められることもありませんので安心してくださいね。

 

>>クリックしてヘアメディカルの詳細ページを見る

AGAの特徴は?

AGAとは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテステステロン)が原因で薄毛に進行していきます。

 

少し説明すると、

 

DHTが毛母細胞の細胞分裂の活動を妨げるので起こるのですが、急激に抜け毛が増えて薄毛になるのではなく、ゆっくりと進行していきます。

 

その症状としては頭頂部から薄毛になるタイプと額の生え際から薄毛になるM字タイプがあります。もちろん、頭頂部とM字と同時に進行するタイプの方もいます。

 

何故、ゆっくりと進行するのか?

DHT(ジヒドロテステステロン)が毛母細胞の細胞分裂を妨げるのでヘアサイクルの「成長期」が短くなりまます。すると相対的に「退行期」や「休止期」が長くなり“新らしく髪の毛が生えようとする力”よりも“髪の毛が抜けようとする力”が増すのです。

 

退行期や休止期の期間が、ゆっくりと長くなるために薄毛もゆっくり進むのです。

 

また、髪の毛は「太いまま抜けることはなく」、「始めに細くなり、次第に抜けていく」のです。

 

ということは、抜ける前の細毛の段階で気が付けば早い段階で対処することが可能となりまよね。

 

毎日、手グシを通す癖をつけておけば、早い段階で薄毛になりそうなことに気がつけるのです。

 

早い段階で髪の毛が細く、薄くなってきたことに気だ付けば、プロペシアだけで効果が期待できますよ。

 

治療費も格段に安くて済みますね。

 

>>プロペシアの安いAGAスキンクリニックはクリックする。