薄毛・AGAの治療にはどのくらいの期間が必要なのでしょうか?

すぐに髪が生えてくることはないとは知っているけれど、どのくらいの期間、治療を続ければ髪が生えてくるのかを知っていれば、焦ることないし、不安を感じたりすることはありませんよ9ね。

 

そこで、こちらのページでは、
抜け毛がひどい人
髪が細くなって頭皮が透けている人
髪が薄くなって頭皮が多く見えている人
の3パターンについて解説しています。

 

 

抜け毛がひどい場合の治療期間はどのくらい?


男性ホルモンが原因で抜け毛が多くなっている方はプロペシアを服用して治療することになります。

 

抜け毛の原因となっている強力な男性ホルモン「DHT」は、男性ホルモン「テステステロン」が還元酵素「5αリダクターゼ」の作用を受けて変化したものです。このDHTが毛根に作用して毛母細胞の細胞分裂を妨げています。

 

プロペシアは還元酵素「5αリダクターゼ」の働きを弱めることで「DHT」を作らせないようにしています。

 

では、プロペシアを服用する期間はどのくらい必要なのでしょうか?

 

「抜け毛を止めるだけ」ということであれば、多くの方が3〜4か月程度で治療効果を実感しています。それもプロペシアだけを服用することで事足りるので費用も安く収まるでしょう。

 

ただし、もし生え際の抜け毛、後退に悩んでおられるのでしたらプロペシアでが効かないこともあります。。

 

というのは、還元酵素「5αリダクターゼ」にはT型とU型の2種類があるのですが、頭頂部などほとんどの場合、還元酵素「5αリダクターゼ」のT型の影響を受けています。

 

プロペシアにはU型の5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑制する効果はありますが、U型の還元酵素には効果がないんです。

 

生え際の後退が進行している方には、ザガーロがお薦めです。ザガーロに「5αリダクターゼ」のT型にもU型にも効果があるからです。

 

「初めからザガーロを使えばいいんじゃないの?」という疑問が出てきそうですが、ザガーロの料金はプロペシアよりも高くなっています。また、副作用の可能性もプロペシアよりも高いんですね。

 

プロぺシアが効くのであれば、経済的にも身体的にもプロペシアを使用するべきなんですね。

 

頭頂部の抜け毛が多い場合にはプロペシアを、生え際の抜け毛が多い場合にはザガーロを選択しましょうね。ザガーロの場合の治療期間も最低3〜4カ月は必要です。

 

これもカウンセリングで説明を受けましょうね。

 

 

■髪が細くなって頭皮が透けている人の治療期間は?


髪が細くなって頭皮が透けている人は予防だけでなく積極的に発毛力を増やすことを考えなくてはいけません。

 

中には、プロペシアやザガーロなどで毛母細胞の活動が正常にもどることで、多少髪の毛が太くなることはありますが、頭皮が透けるほど細くなっている方は、積極的に太くするようにしなくてはなりません。

 

そこでミノキシジルを併用することをお薦めします。

 

ミノキシジルは毛細血管の拡張作用があり、肝臓で作られた髪の栄養を毛乳頭へ運ぶ作用があります。栄養分を得た毛乳頭は毛母細胞の細胞分裂を活発にしてくれます。

 

その結果として髪の毛が太く成長していきます。

 

その場合に治療期間は、4〜6ヶ月で治療効果を実感できる方が多いですね。抜け毛を止めるだけとは違い、多少の期間は必要です。

 

ちなみに市販されている外用薬の「リアップ」にはミノキシジルが5%含まれています。

 

実は、ミノキシジルは外用薬よりも内服薬として摂取した方が効果が高いとされています。ミノキシジルタブレット(以降、ミノタブ)ですね。

 

ミノタブには5%の他にも6.5%もあります。5%のものでも外用薬よりも効果が高いと言われており、まずは、AGA治療の専門クリニックで相談してみることが大切です。

 

ミノタブで副作用の出る方もいるので医師の指導のもとで服用するようにしましょう。また、個人輸入で購入することが出来るようですが、本物かの判断ができません。副作用のことを考えてもお薦めすることはできません。

 

最近、AGA治療の専門クリニックがプロペシアなどの治療薬をネット診察を通じて処方しています。専門ドクターの診察を受けたうえで処方してくれるので、安心感が高いのが最大のメリットです。

 

また、価格も低く設定されているのも嬉しいですね。

 

ネット診察でプロペシアを処方してくれるクリニックはコチラ。

 

 

■髪が薄くなって頭皮が多く見えている人の場合は?


髪が細く、抜け毛が多い方は頭皮の見え方が一段と増していますよね。このような場合にもプロペシアとミノキシジルを併用する治療が適しています。(*または、ザガーロとミノキシジルとの併用)

 

しかしながら、頭皮の透け方の度合いが大きい場合には、プロペシアとミノキシジルの併用では改善されるまでに時間がかかり過ぎてしまうんですね。1年以上の期間を要することも考えられます・・・。

 

そこでお薦めする治療方法ですが、治療薬を頭皮からダイレクトに注入するという「育毛メソセラピー」という治療なら治療期間を短縮できるでしょう。

 

内服薬とは違い、ダイレクトに患部(毛乳頭)へ治療薬を注入するのですからね。また無駄なく毛乳頭へ届けることができます。内服薬の場合には、血液の乗って毛乳頭へ運ばれるのですから、直接、毛乳頭へ届ける育毛メソセラピーがお薦めなんです。

 

育毛メソセラピーの場合、3〜4カ月で発毛を実感される方の割合が一番多いんです。1か月に1回の治療で大丈夫なので、通院する手間も省けます。治療回数は、6〜10回と言われているので、治療期間としては6〜10カ月ということになります。

 

育毛メソセラピーはクリニックによって治療薬の配合や成分が異なります。クリニックを選ぶ際には、育毛メソセラピーでの実績が豊富なクリニックを選美ましょう。

 

 

>>育毛メソセラピーで実績豊富なクリニックはこちら

 

薄毛治療にかかる期間はどのくらい?【目安があれば頑張れる!】

 

プロペシアによる薄毛治療の期間は・・・・・

初めに、
薄毛治療には、「プロペシア」などのの内服薬や「育毛メソエラピー」や「HARG療法」などのように直接頭皮から毛根へ発毛カクテルを注入する治療があります。

 

プロペシアによる治療は、半年から1年以上の治療期間が必要かと思われます。

 

というのも、

 

プロペシアは、効果が現れてるまでの期間には個人差があるのです。

 

プロペシアの有効成分フィナステリドは男性型脱毛症の原因であるDHTを生成させにくくする効果があります。

 

「DHTが出来なければ、脱毛しない」ということですね。

 

しかし、内服薬であるのでフィナステリドの全てが毛根へ運ばれるわけではないですよね。

 

ということから、効果には個人差が出ます。

 

また、

 

遺伝子検査により「CAGリピート」や「GGCリピート」と呼ばれる遺伝子の配列を調べた結果「プロペシアが効きにくい人もいる」ということは認識しておかねばなりませんね。

 

プロペシアの効果を事前に把握するには遺伝子検査が有効だと言われています。

 

プロペシアでの発毛率は65%だと言われています。

育毛メソセラピーとHARG療法の期間は・・・・・

 

 

育毛メソセラピーもHARG療法も、99%の確率で4〜6ヶ月で発毛効果が得られます。治療は1か月に1回ですので、4〜6ヶ月と言っても4〜6回の治療ということになります。4〜6回の治療で99%の発毛率ですので、かなり効果的な治療ですよね。

 

 

治療方法としては、

 

育毛メソセラピーもHARG療法も、「発毛カクテル」と呼ばれる薬を直接頭皮に注入するものです。

 

「発毛カクテル」という呼び名も病院によって違う場合がありますが、頭皮に直接薬を注入することには違いあらいません。

 

 

 

この「発毛カクテル」には、ミノキシジルやフィナステリドなどが配合されれているのですが、病院独自の成分が含まれることがあります。

 

また、成分の配合割合も病院によって違うことが多いので、病院選びには慎重さが必要ですね。

 

当サイトでは、「発毛実績」の高い病院を紹介しているので安心してくださいね。

 

症例写真も数も多い病院を紹介していますよ。
やはり、その病院の発毛症例数は重要なポイントですよね。

育毛メソエラピーとHARG療法の違いはコチラから