AGA検査から何が分かるの?

薄毛治療の専門病院では「AGA遺伝子検査」というものを受けることができます。病院によっても違いますが、オプションで任意の病院が多いようです。

 

では、AGA検査では何が分かるのでしょうか?多少なりとも費用のかかることなので、事前に理解しておきたいですよね。

 

簡単に言うと、薄毛の治療薬であるフィナステリド(薬品名:プロペシア)が効くのか?、効かないのか?が分かります。フィナステリドは男性型脱毛症(AGA)の治療薬で一番使用されるものですから、フィナステリドが効くのかを事前に知ることができるのは大きなメリットがあります。

 

別の側面から言えば、あなたの薄毛が男性ホルモンが原因で起こっているのか、別の原因で起こっているのかが分かります。男性ホルモンが原因であれば男性型脱毛症(AGA)ということになり、悪玉男性ホルモンのDHTを抑制するフィナステリドが効果あるというこになります。

 

もう少し、詳しく説明すると、AGAの原因であるDHT(悪玉男性ホルモン)は、テステステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼ(還元酵素)の影響を受けて変化したものです。フィナステリドは5αリダクターゼの働きを抑える作用がありので、DHTが作られないということになります。

 

ここで一つ注意するべきポイントがあります。

 

実は、還元酵素の5αリダクターゼにはT型とU型の2種類があります。そして、フィナステリドは5αリダクターゼU型には効果があるのですが、5αリダクターゼT型には効果がありません。

 

AGA検査では、あなたの薄毛がAGA(男性型脱毛症)であった場合は、T型とU型のどちらの還元酵素の影響を受けているのかも知ることができます。

 

もし、U型の影響を受けているのならフィナステリド(プロペシア)で効果が期待できますが、T型の影響を受けているのならフィナステリドでは効果がありません。

 

その場合には、新薬のザガーロを使用することになります。ザガーロは、5αリダクターゼのT型にもU型にも効果があるので安心です。ただ料金がフィナステリドよりも高いので、U型であるならば、フィナステリドを服用したほうが経済的です。

 

AGA検査って何するの?@検査方法

AGA検査の検査方法としては、アンドロゲンレセプター遺伝子検査というものを行います。

 

遺伝子検査では、「CAGリピート」と「GGCリピート」と呼ばれる遺伝子の配列を調べます。

 

この「CAGリピートの数」と「GGCリピートの数」の合計が38より小さいととフィナステリド(プロペシア)が効きやすく、逆に38より大きいと効きにくくなるそうです。

 

「CAGリピートの数」と「GGCリピートの数」を調べることでフィナステリドで効果があるのか、ザガーロでの治療を選択するげきなのかが分かります。また、そもそも男性ホルモンが原因なのかが分かります。

 

これは治療方法を選択する目安となりますね。

 

フィナステリド(プロペシア)が効きやすいのであれば、育毛剤と変わらない費用で薄毛が回復する可能性が高まりますものね。また「フィナステリドで効果がある」と分かっているので、安心感があり期待感も高まりますよね。

 

AGA検査の信憑性@信頼できるの?

AGA検査って信用できるの?と不安に感じる方も少なからずおられるかもしれませんが、男性ホルモンの感受性(アンドロゲンレセプター)に関わる遺伝子の「CAGリピート」と「GGCリピート」と呼ばれる遺伝子の配列を調べるので、高い確率で信頼することができます。

 

「CAGリピートの数」と「GGCリピートの数」の合計が38より小さいか大きいかで、男性ホルモンの感受性(アンドロゲンレセプター)が強いか弱いのかを判断します。感受性が強ければ、男性ホルモンが原因で起こる薄毛である可能性が高まるので、フィナステリドで効果があることになります。

 

実は、男性ホルモンの感受性が強い遺伝子を持つ場合でも、薄毛の症状を発症するのが、全体の7〜8割の人です。残りの2〜3割は、男性ホルモンの感受性が強いにも関わらず薄毛にならないということです。

 

そこで、AGA(男性型脱毛症)の場合でも、生活習慣やストレスなど様々な環境が重なることで、最終的に男性ホルモンが還元酵素の影響を受けて、DHTへと変化して薄毛へと進行してしまうと考えられています。

 

ちなみに、男性ホルモンの感受性が強いかは遺伝的要素が高いのですが、実際に100%の方が薄毛へと進行するわけではないので、生活習慣などの後天的要素の影響もあると考えられます。

AGA検査の費用@病院で行う場合

自分の薄毛が男性型脱毛症(AGA)なのか、そうでないかを知ることのできるAGA検査は有効性の高いものです。

 

フィナステリドで効果があるのか、ザガーロでないと効果がないのか?そもそも、男性ホルモンが原因ではない可能性すらあります。その場合、フィナステリドもザガーロも効果がないことになるので、違う治療法を選択することになります。

 

 

このように、有効性の高い検査にあるので、是非とも受けて頂きたいのですが、そこは費用との兼ね合いですよね。

 

 

では、AGA検査の費用はいくらぐらいが相場なのでしょうか?

 

 

これは病院によっても違いますので、主要な薄毛治療の専門病院でのAGA検査費用を紹介します。

 

ヘアメディカル

AGAリスク遺伝子検査・・・AGA関連遺伝子発現量の測定をして、フィナステリド(プロペシアR)とデュタステリド(ザガーロR)のどちらの治療薬が適しているかを調べます。

 

また初診時に採血検査にて、同時にホルモン検査も行います。ここで男性ホルモンに着目して、ホルモンの数値を診て治療に反映していきます。

 

ヘアメディカルでは、血液検査と遺伝子関連検査を選択することができます。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック 20,000円(2回)

 

血液検査・・・初診時と治療の途中で行い、フィナステリドなどの副作用を調べます。初診時には、ホルモンの数値を調べて、フィナステリドの優位性を調べます。

湘南美容外科クリニック 

AGA遺伝子検査・・・20,088円(1回)
DHTホルモン検査・・・15,120円

 

 

 

AGA検査から何が分かる?また病院での費用を調べてみた!