薄毛治療は保険適用されない!?

病院での薄毛治療を決めた方には「治療費って健康保険は効くの?」と疑問も出てきますよね。

 

決して安くはない治療費です。プロペシアの場合10,000円前後しますよね。
これが保健適用となれば3割り負担で済むので約3,000円ですみます。薄毛治療に保健が「適用されるのか」「されないのか」では大きな違いですね。

 

でも残念ながら保健は適用されないんですよね。薄毛は病気ではないから保険が摘要されないということです。

プロペシアの料金が病院によって違う!?

つまり薄毛治療は自由診療となり全額負担となります。自由診療の場合には同じ治療でも治療費が違う場合があります。自由診療の場合には、病院が「自由に治療費を決められる」ということです。

 

例えばプロペシアなどは、どこの病院で処方されても同じものです。(*個人輸入の場合は違います!)しかし、料金は違うことが多いんですね。

 

「プロペシアだけで治療したい」という方は安い病院の方が良いですよね。

 

プロペシアが最も安い病院はヘアメディカルの6,500円です。

 

さらに、育毛メソセラピーやHARG療法など高額な治療は行っていないのでリーズナブルな料金で治療をう行けることができます「ローンを組ませない!」が合言葉となっており安心です。

 

また治療費が安いだけでなく、発毛実績No1のクリニックと言っても過言ではありません。600パターンのオリジナル治療薬は他の追随を許しません。

 

>>クリックしてヘアメディカルの詳細ページを見る

 

自由診療とは?

自由診療とは、病院が「自由に治療代金を決められる」ということです。保険診療は、各診療に点数が決められています。そして「1点=☆円」という計算で治療費が決まります。

 

例えば、風邪を引いた場合には、「診察=〇点、風邪薬=〇点」『合計〇〇点で☆円』という計算が行われているのです。保険診療とは違い自由診療とは、病院が自由に診療代金を決められるのですから、「病院によって治療費が違う」のです。

 

例えば、美容整形外科の治療費が病院よって違うようにです。テレビCMや新聞広告に美容整形の広告多いのも競争だからですね。

薄毛の治療費について

薄毛治療の代表的な治療薬のプロペシアには男性ホルモンを抑制する効果があり、薄毛・AGA治療に非常に高い効果を上げています。

 

しかし、このプロペシアの価格が高く、全額負担の場合には1か月の費用が10,000円前後かかります。

 

そのため、自己輸入により外国から安価で買っている方もいるようですが、あまりお薦めできません。副作用の心配のあるプロペシアは、信頼のおけるクリニックで処方してもらいましょうね。

 

>>薄毛治療の費用についての詳細ページはコチラ

プロペシアの類似品とは・・・・・

プロペシアは、アメリカのメルク社が開発し、日本ではMSD株式会社が臨床実験を開始して2003年に厚生労働省が認可して発売に至るのですが、メルク社の正式なプロペシアの類似品が安価にて発売されています。

 

これは、日本の病院で処方されるものとは違います。

 

自己責任において自己輸入して服用する方いますが、危険性が高まります。プロペシアに医師の処方が必要なのは副作用の危険性があるからです。正式なプロペシアにも副作用の危険性

 

>>プロペシアの副作用をチェックするならクリック

 

それが、どこの国が製造したのかも分からない薬を飲むのは控えた方が良いことは明らかですよね。どんな成分が配合されているのかも分かりませんから・・・。

 

10,000円前後と言っても病院により価格は変わります。7,000円ぐらいから処方してくれる所もあるので、自己輸入は避けて病院で処方してもらうことを強くオススメします。

 

AGAスキンクリニック

↓↓↓発毛実績が高くて費用の安いクリニックは第1位です↓↓↓

↑↑↑第1位のクリニックを見るならクリニック↑↑↑