プロペシアとミノキシジルを併用するメリットとデメリット

プロペシアとミノキシジルを併用することで高い発毛効果を得ることができます。その仕組みや疑問にお答えするページです。

 

また、プロペシアとミノキシジルを併用治療する場合、処方してもらうばきクリニックも紹介しています。プロペシアとミノキシジルの効果を高めてくれるクリニックです発毛させたい方は必見!

プロペシアとミノキシジルを併用すると効果は高まる?

プロペシアとミノキシジルを併用すると効果は高まる?

AGA(男性型脱毛症)の治療に力を入れる専門クリニックでは、大抵の場合プロペシアなどのフィナステリド製剤とミノキシジル製剤を併用して投薬治療を行います。

 

同時使用の相乗効果によってかなり高い発毛効果がみられるためですが、この二つの成分を使用することでどんなメリットやデメリットがあるのか見ていきましょう。

 

プロペシアとミノキシジルを併用すると・・・・・

プロペシアの成分であるフィナステリドとミノキシジルは、アメリカの公的期間であるFDAが「発毛効果がある」と認定したことにより、その存在に注目が集まりました。FDAとは、日本でいう厚生労働省のような役所です。薬に認可を与えているという点でも同じですね。実際に、プロペシアとミノキシジルを併用した人には発毛効果が見られています。

 

プロペシアが脱毛のブレーキで、ミノキシジルが発毛のアクセルであると言えます。この2つを併用することが発毛効果を高める最適の方法なんです。どちらが欠けても、その効果は低くなるでしょう。

 

プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルはハゲ・薄毛を改善するという同じ結果、効果をもたらしてくれますが、その作用の仕方は全く違うものです。

 

普通、医薬品は同じ効果のある薬は重複投与しませんが、作用機序が異なる場合は身体への負担が少ないので、プラスの効果が増幅することを重視して併用されることがあります。

 

AGA(男性型脱毛症)治療の場合がそれにあたり、『プロペシア(フィナステリド)の良い効果』と『ミノキシジルの良い効果』だけをどちらも享受することができます。

 

具体的には、プロペシアの方は、5αリダクターゼの働きを抑制する効果がありテステステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることを抑制します。

 

これによってDHTが脱毛シグナルを発しなくなるため毛根は不正な圧力から解放され、次第に正常なヘアサイクルを取り戻します。成長期が徐々に伸び、その間に強く太い毛がしっかり生えるようになります。

またミノキシジルはこれを強力にサポートし、発毛力をさらに高めます。

 

具体的には毛根に続く毛細血管を拡張し血流量を大幅に増やし、また新たな毛細血管を作り出し、毛根への栄養補給路を確保します。

 

DHTの脱毛シグナルによって陥った負のスパイラルにくさびを打ち込み、脱毛傾向から発毛力優位へと形成を逆転させます。

 

プロペシアとミノキシジルが安いのはAGAスキンクリニック

ミノキシジルとプロペシアのどっちから使用するべき?

ミノキシジルとプロペシアのどっちから使用するべき?

基本的には、プロペシアとミノキシジルを併用することで相乗効果が生まれ、ハゲ・薄毛を改善することができます。
ただし薄毛がそれほど進行していない場合、頭皮の透け具合が少ない場合には、プロペシアを服用することで薄毛の原因を抑止することができます。すなわち、薄毛の進行を食い止めることができるのです。

 

まずは薄毛の進行にブレーキをかける!という意味において、プロペシアから先に使用することが最適な使用方法と言えます。

 

薄毛の進行を食い止めてから、ミノキシジルで発毛を促す!というのが、より併用する効果を高めることができます。

 

あくまで、同時に併用することが望ましいことは変わりません。

 

プロペシアとミノキシジルが安いのはAGAスキンクリニック

 

AGAにはミノキシジルのみで大丈夫?


リアップとかロゲインとはミノキシジルを主成分とした育毛剤の人気が高いようですが、ミノキシジルのみを使用しているだけでは、AGA(男性型脱毛症)を改善することは難しいでしょう。

 

まずはプロペシアによってAGAの原因を抑制しましょう。ミノキシジルのみでは、大丈夫とは言えません。

 

このようにフィナステリドとミノキシジルはその作用機序においてお互いに喧嘩しないためどちらかの効果を弱めたり、逆に強めすぎたりする危険が無いのでできれば併用することが望まれます。

 

一般病院の皮膚科ではAGA治療に本気で取り組んでくれないので併用投与はされないところがほとんどですが、専門クリニックでは上記のような相乗効果を狙って併用するのが基本です。

 

ただし人によっては体質や持病で特定の薬が使用できなかったり、特定成分の効果の効き目が弱い場合などでは処方がされないこともあります。

 

この場合は他の代替治療薬や治療法の検討がなされることになります。

 

プロペシアとミノキシジルが安いのコチラ

プロペシアとミノキシジルを併用するデメリットとは?


プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルは上述のように互いにケンカしないため、併用使用によるデメリットはありません。

 

あるとすれば使用する薬剤が増えるために副作用の発現の可能性がその分高くなるということでしょうか。

 

ただこれはどちらかの単体使用の場合でも、その治療薬につきまとう副作用の可能性は同じですから副作用のデメリットとしては変わりありません。

 

他に考えるとすれば、どちらの成分がAGA治療に効果が上がっていているのか分かりづらくなるということは考えられます。

 

例えば、体質的にプロペシア(フィナステリド)が効きづらい方に併用投与して、一定の薄毛改善の成果が見られているが、他の人よりは改善の度合いが小さい場合、どちらかの薬が体質的に効果を受け付けていない可能性を疑いますが、同時に併用した場合にはどちらの効果が発揮していないのか判別できないということです。

 

プロペシア(フィナステリド)の方は検査によって薬の効きやすさを判別することができるので、事前に検査を受けて効果が薄いと分かっていれば最初からプロペシア(フィナステリド)を処方せず、その分の費用を他の薬剤や治療法に使うこともできます。

 

また治療途中でも検査は受けられるので、もしやと疑った場合は医師に相談して検査を受けてみてはいかがでしょうか。

 

月々4,200円からのプロペシア治療ならこちら。

 

プロペシアとミノキシジルを併用するメリットとデメリット

 

プロペシアとミノキシジルを併用@効果が出るまでの期間は?

 

プロペシアとミノキシジルを併用@効果が出るまでの期間は?

プロペシアとミノキシジルを併用すると、「抜け毛が減る」「細くなった髪の毛が太くなる」「髪の毛が生えてくる」などの効果が期待できます。

 

では、どのくらい期間で効果が出るのでしょうか?

 

プロペシアを単体で服用した場合、これらの効果が出るまでには「6ヶ月」程度の期間が必要となります。これは、メーカーの「用法・容量に関連する使用上の注意」にも示されています。

 

ただ、実際には、1年以上プロペシアを使い続けた方が効果を感じているようです。6ヶ月というのは、一つの目安に過ぎないようです。
しかも1年以上使い続けても約48%の方が効果を感じただけです。2年以上使い続けた方では、約78%の方が効果を感じています。

 

これは多いのでしょうか?

 

管理人の感想は「少ないなぁー、もっと多くの人に効果があるのかと思った!」ですね。

 

もともとプロペシアにはAGA(男性型脱毛症)の進行を抑制する効果しかありません。プロペシアに発毛効果はないんですね。

 

そこでミノキシジルを併用すると発毛効果が少し高まります!

 

ミノキシジルには血管拡張作用があり、結果として血流が増えます。すると肝臓で作られた髪の栄養素が血液に乗って毛根まで運ばれます。そして、髪の成長を促進するんですね。

 

では、プロペシアとミノキシジルを併用すると全ても方に発毛の兆候が見えるのでしょうか?

 

残念ながら、3割程度の方には効果がないというデータもあるようですね。

 

そこでAGAクリニックが独自に開発しているオリジナル治療薬ですが、実は、どのAGAクリニックのオリジナル治療薬もプロペシアとミノキシジルをベースとしています。

 

そして、プロペシアとミノキシジルを併用した時の効果を高めるために、亜鉛やビタミン類にサプリメントなど様々な成分を調合しています。目的は、プロペシアとミノキシジルの効果を高めるため!です。

 

そこで、オススメするのがAGAスキンクリニックのオリジナル治療薬のRebirth(リバース)です。

 

リバースはプロペシアとミノキシジルをメイン成分としています。リバーズの発毛実感率は99.4%と驚異的な数値です。(*治療開始後4〜6ヶ月での実感率)

AGAスキンクリニックの詳細ページはコチラ

また東京、名古屋、大阪、福岡にお住まいの方にはヘアメディカルがオススメです。ヘアメディカルの「アドバンスト発毛治療」はプロペシアやミノキシジルだけでなく、プロペシアよりも効果が高いと言われるザガーロ(成分:デュタステリド)をメイン成分として使うこともあります。

 

アドバンスト発毛治療では、実に600パターンもの治療薬の配合パターンがあります。薄毛の症状によって使用する成分や、配合パターンを変えています。

 

18年で150万人を治療してきたヘアメディカルのアドバンスト発毛治療を詳しく知りたい方は無料のカウンセリングを受けてみましょうね。

ヘアメディカルの詳細ページはコチラ

 

プロペシアとミノキシジルを併用しても効果なし?

プロペシアにはAGA(男性型脱毛症)の進行を食い止める効果が、ミノキシジルには血管拡張作用があり血流が増します。結果として髪の成長を促します。

 

プロペシアとミノキシジルは、共にAGA治療薬として使用されていますが、その効果・効能は全く違います。

 

プロペシアが抜け毛のブレーキだとしたら、ミノキシジルは発毛のアクセルですね。

 

当然、プロペシアとミノキシジルを併用すると相乗効果があり、単体で使用するよりも効果があります。「併用しても効果なし!?」というのは間違いです。

 

プロペシアとミノキシジルを併用して発毛させたいならAGAスキンクリニックのリバース治療がピッタリです。

プロペシアとミノキシジル@購入する方法は?

プロペシアとミノキシジル@購入する方法は?

プロペシアとミノキシジルを通販で購入する


プロペシアやミノキシジルを通販で購入する方法もありますが、あまりお薦めできません。

 

通販で購入し場合、それが本物かの判断はできません。よほど信頼の置ける個人輸入代行社に頼むことが必要です。

 

プロペシアやミノキシジルタブレット(以下、ミノタブ)には副作用の可能性があります。特にミノタブにおいては、心臓に疾患のある方が服用するのは、かなり危険です。

 

やはり医師の処方したものを医師の指導のもとで服用することが肝要です。

プロペシアとミノキシジルをAGAクリニックで購入する


やはりクリニックで購入するのは一番安心です。しかし、一般の皮膚科クリニックでも処方してもらうことはお薦めできません。

 

AGA・薄毛治療の専門クリニックよりも皮膚科の方が料金が高い傾向にあることも理由の一つですが、もしプロペシアとミノキシジルだけで効果が出ない場合は、皮膚科では、効果のないまま治療は終了です。

 

その点、AGA・薄毛治療の専門クリニックでは、発毛実感率99%以上というオリジナル治療薬があります。

 

費用面と効果面を考えてAGAクリニックで処方してもらうことが一番です。

プロペシアとミノキシジルの違い

プロペシアとミノキシジルの違い

プロぺシアの効果



プロペシアの主成分であるフィナステリドは、本来は前立腺肥大症の治療薬だったんですよ。前立腺肥大症の原因の一つが男性ホルモンであることから、AGA(男性型脱毛症)にも効果があるんですね。

 

要は、AGA(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモンを抑制する効果があります。脱毛の原因である「悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテステステロン)」を作られないようにするんですね。。

 

詳しく説明させてもらえるならば、男性ホルモンのテステステロンが5αリダクターゼ(還元酵素)の作用によって、より強力な男性ホルモンのDHT(ジヒドロテステステロン)に変化するんですね。このDHTが薄毛を進行させるんです。

 

つまり、男性ホルモンの「テステステロン」が還元酵素の「5αリダクターゼ」の影響を受けてDHTに変化することが分かっているので、この5αリダクターゼの働きを抑制するのです。

 

このことにより「DHTが作られなくなる」ということです。何だか、育毛剤の宣伝でも聞いたことのある言葉ですね(笑)ちなみに、プロペシアは内服薬であるので、血液に乗って毛根まで確実に届くので効果があるんですよ。

 

<まとめ>
フィナステリドは、5αリダクターゼ(U型)の働きを阻害することでDHTを作らせないようにするんですね。DHTが作られなければ薄毛は進行しない、ということですね。プロペシアの臨床検査では、フィナステリド0.2mgを服用した人の54%、フィナステリド1mgを服用した人の58%が薄毛が改善される効果が見られました。半数以上の人に薄毛改善の効果が現れたんです。そして95%以上の方が『薄毛の進行が止まった』んですよ!つまり、効果がなかったという人は5%にも満たないという結果になったんですね。

<一口メモ>
プロぺシアの主成分であるフィナステリドは、元々、前立腺肥大症の薬として使用されていましたが、育毛にも効果があることが分かりした。1日1rを1年間服用し続けると60〜70%の人が発毛するのです

プロペシアの副作用


プロペシアの副作用には「勃起不全・精力減退・精子減少」、とミノキシジルタブレットと同じような症状があるようです。子作りを考えている新婚さんや、結婚前の男性には深刻な問題と言えるかもしれません。しかしながら、生まれてくる赤ちゃんのに問題だ出るこはないようなので、その点は安心ですよね。とはいうものの、副作用が出ないにこしたことはありませんね。

 

ミノキシジルタブレットやプロペシアを服用しても副作用は出ない、という方も多くいます。このような方は薄毛・AGA治療を専門に行なっている病院で処方してもらっている方ばかりです。勝手な判断で個人輸入により購入している方は気をつけたほうがよろしいですよ。やはり専門的な知識をもっている医師の指導のもとで副作用の心配をせずに服用することが薄毛を改善するための近道です。

女性はプロペシアを使えない!?


残念ながらプロペシアにも、一つだけデメリットがあります!
女性はプロペシアを服用できないのです。特に妊娠している女性は触れることも出来ないので注意が必要です。また、男性においてもプロペシアでも効果がない人がいます。

 

プロペシアは、決して安くはない薬ですので、これは問題ですね。これは、遺伝子検査を受ければ分かるんですよ。専門病院で事前に検査を受ければ「お金と時間」を無駄に使わなくても良いですね。

 

また、他の治療方法もあるので、プロペシアを服用する前には専門病院で相談することをオススメします。相談だけなら無料の病院がほとんどですので嬉しいですね。診察代だタダなんですよ!(プロペシアを処方してもらうと費用がかかります)

ミノキシジルの効果


 

ミノキシジルは、本来は高血圧の患者さんのための治療薬なんですよ。血管を拡張する作用がある血圧降下剤なんですよね。このような高血圧の患者さんがミノキシジルを服用したところ“髪の毛が生えてきた”という事例が多く見られるようになったんですね。そしてミノキシジルの研究が進み、『血液循環を改善し、髪の毛を生やす効果がある」ことが分かり薄毛の治療薬として使用されるようになったんですよ。

 

ミノキシジルを配合した育毛剤といえば「リアップ」ですが、そのリアップの販売元である大正製薬が臨床試験を行なっています。臨床検査の結果では、使用開始後3〜4ヶ月で約80%の方が改善しているというデータがあります(軽度改善70.8%・中程度改善10.4%)。使用開始の1年後では、約98%に方が改善しているという結果になっています(軽度改善11.1%・中程度改善66.7%・明らかな改善20.0%)。このことから『個人差はある』と付け加えねばなりませんが、ミノキシジルを使用しつづけることで薄毛治療の効果はあると言えるでしょう。

<一口メモ>
血行を促進して髪の毛の栄養素をしっかりと毛根まで届きやすくすることで発毛効果を高めています。ミノキシジルは、元々は血圧降下剤の成分でしたが、患者さんからから髪の毛が生えてきたので、原因を調べたら“ミノキシジル”だった、というわけです。
その働きは、血圧降下剤ということもあり「血管を拡げて血流を良くする」ことですから、肝臓で作られた髪の毛の栄養素が毛根までしっかりと届くのですね。

ミノキシジルの副作用


ミノキシジルを使用することで副作用の可能性も否定できません。最も多い副作用の一つに「頭皮のかゆみ」があります。その他の副作用としては「倦怠感・むくみ・頭痛・眠気」などがあります。これらの副作用はリアップのような“外用薬”によるものです。リアップは薬局やAGA治療の病院など医療機関でしか購入できませんよね。これは副作用の危険性があるからなんです。

 

中には、効果が高いからと個人輸入によりミノキシジルタブレットの内服薬を服用している方もいるようですが、これは外用薬よりも強い副作用の危険性があるので注意が必要となります。というか、あまりお薦めできません!

 

というもは製造国も信頼性が低く含有量もはっきりしないものが多いからです。ただでさえ副作用の強い内服薬です、どうしても服用したいのであれば病院で医師の処方と指導のもとで服用することが重要です。(リアップなどの内服薬は薬局で購入できますが、ミノキシジルタブレットのような内服薬は病院でした購入できません)ミノキシジルタブレットの副作用としてはED(勃起不全)が知られていますね。内服薬では、使用量を正しく管理しないと危険性が高くなるので必ず医師の指導ものとで服用しましょうね。

 

プロペシアとミノキシジルを併用するメリットとデメリット