女性の薄毛は皮膚科が一番?

最近では薄毛に悩む女性が増えてきました。男性の薄毛治療に効果のあるプロペシアは皮膚科で処方してもらることができますが、女性の薄毛も皮膚科で治療することができるのでしょうか?

 

 

女性の薄毛の原因が男性とは違う?

男性の薄毛の場合にが生え際が後退してきたり、天頂部が薄スカスカに透けるようになります。一方、女性の薄毛の症状としては、髪の毛全体が細くなり、ハゲ上がることはなく、薄くなることが多いです。

 

薄毛の症状が男性と女性違うのは髪の毛が薄くなる原因が男女で違うからです。

 

男性の薄毛の場合、原因の多くは強力な男性ホルモンのDHT(ジヒドロテステステロン)にあります。DHTが毛母細胞の細胞分裂を妨げるんです。髪の毛は毛母細胞が分裂活動をすることで成長するのだから、分裂をしなくなれば髪が伸びることはありません。(*DHTは、男性ホルモンのテステステロンに還元酵素である5αリダクターゼが作用することで作られます)

 

一方、女性の薄毛は「加齢」「ホルモンバランスの崩れ」「頭皮環境の悪化」「頭皮の血行不良」が主な原因です。

 


最も多いのは、「加齢によるホルモンバランスの変化」です。年齢と共に女性ホルモンが減少してきます。すると相対的に男性ホルモンの割合が増えてしまいます。更年期障害を迎える40代の女性に薄毛が多くなるのは、このような理由によるものです。

 

産後の女性が薄毛になるのもホルモンバランスの乱れが原因です。妊娠中は女性ホルモンが増えるのですが、出産すると女性ホルモンが減ります。すると相対的に男性ホルモンが増えることになります。

 

この男性ホルモンが原因で薄毛になってしまうのです

 

 

プロペシアは女性には使用できない

プロペシア
皮膚科クリニックでは、抜け毛を減らし薄毛を改善させるためにプロペシアを処方することが多いのですが、女性にはプロペシアを使用することは出来ないのです。

 

これは副作用の危険性が高まることが理由です。

 

特に既婚女性、その中でも妊婦さんはプロペシアに触れることも出来ません。生まれてくる赤ちゃんに影響がでる可能性があるからです。

 

ご自身が使用していなくても旦那さんがプロペシアを服用していた場合は注意が必要です。決して触れることのないように注意しましょうね。

 

では女性の薄毛を改善するためには、どんな薬を処方されるのでしょうか?

 

プロペシアやミノキシジルに代わる治療薬として「パントガール」や「パントスチン」など女性にも服用できる薄毛の治療薬があります。
これは皮膚科で扱っているクリニックは少ないです。美容系皮膚科クリニックや薄毛治療の専門クリニックなどで診察を受けましょうね。

 

皮膚科よりも治療効果が高いのは?

パントガール
皮膚科クリニックでは、プロペシアを処方するだけなので女性の薄毛を治療するには適していません。男性もそうですが、発毛・薄毛治療の専門クリニックで相談、治療することが最善の方法です。

 

薄毛治療の専門の病院であればプロペシアを処方するだけでなく、女性用の治療薬である「パントガール」や「パントスチン」などの内服薬や外用薬を使用することができます。また、発毛実感率の高い「病院独自のオリジナル治療薬」もあります。

 

オリジナル治療薬の他にも、注射を使用して頭皮よりダイレクトに注入する「育毛メソセラピー」という治療方法もあります。

 

多少、費用の高いことがデメリットですが、治療回数が6〜10回で済むというメリットもあります。早く確実に結果を出したい方に適した治療法だといえるでしょう。

 

注射を使用する治療には「育毛メソセラピー」と「HARG療法」とがありますが、この違いは発毛成長因子を含んでいるのか?、いないのか?によります。

 

成長因子を含んでいるもの「HARG療法」で、成長因子を含んでいないものが「育毛メソセラピー」と呼びます。以前は「HARG(ハーグ)療法」の方が発毛効果が高いと言、現在では、効果に大きな違いはないと言えるでしょう。

 

そもそも「HARG療法」を名乗れるのは、HARG治療センターに登録したクリニックだけです。成長因子を使用していたとしてもHARG治療センターに登録していなければ「HARG療法」とは名乗れないのです。

 

何となく、お金の匂いがしますね(笑)

 

 

 

 

失敗しない病院の選び方

パントガール

以上のことからも、皮膚科クリニックでなく薄毛治療の専門クリニックで相談してみましょう。実績からも費用面からも専門病院が失敗することはないでしょう。

 

では、たくさんある専門病院の中から、どの病院を選べば良いのでしょうか?

 

まずは、

1.無料のカウンセリングを行っていること
実際に治療を受ける決断をする前に、「どのような治療をするのか?」「どの程度まで改善できるのか?」「その場合の費用はいくらなのか?」など、事前に確認しておくことが大切です。

 

皮膚科では初診料が必要ですし、治療する前提で診察を受けるので「治療しないという選択は取りづらいです。専門のクリニックであれば、無料カウンセリングは当たり前のようです。(中には初診料を取るクリニックもあるようですが・・・)

2.女性の薄毛治療の実績があること
女性の薄毛治療の実績があるかどうかは重要なポイントです。そもそも男性の薄毛とは原因の違う女性の薄毛においては、その治療方法や治療薬が違って当然です。女性の薄毛治療に力を入れているクリニックを選びましょう。女性専門クリニックであれば、さらに良いですよね。

3.通院に便利な立地であること
月に1回の通院であっても不便な場所にあれば、ちょっとイヤですよね。駅前に立地していれば仕事帰りに便利です。また休みの日ならクリニックの帰りにショッピングもできますしね。

4.誰にもバレずにクリニックに入ることができること
複数の会社が入居しているオフィスビルなら、誰もクリニックへ入ったの分かりません。例え、オフィスビルに入るところを見られてもね。こちらで紹介しているクリニックはオフィスビルに入居しているクリニックです。

5.明瞭会計であること
いざ治療を始めてみたら、あれもこれも薦められて「一体、いくらかかるのか分からない・・・」なんてことにならないような、治療費を事前に提示してくれる明朗会計であるクリニックが安心です。

■女性の薄毛治療最前線
女性の薄毛の特徴に多いのは、“天頂部”や“生え際”の髪の毛が薄くなり。分け目の頭皮が透けて見えるようになることですよね。
育毛剤も女性用のもが研究、発売されるようになりましたが、効果を実感できる人はどれぐらいいるのでしょうか?
男性でも育毛剤に効果を感じていない人も多いのです。
最近では、医師の処方がないと服用することの出来ない内服薬が「発毛効果が高い」と評判です。
「プロペシア」と呼ばれる薬ですが聞いたことのある方の多いのはないでしょうか?
1rを1年間服用すると60〜70%の方が発毛するという効果の高い薄毛治療薬です。
しかし、
このプロペシアですが、残念ながら女性は服用できないのです。

プロペシアの成分フィナステリドとは・・・・・
プロペシアの成分であるフィナステリドは、男性ホルモンの働きを抑制する働きがあります。
男性型脱毛の原因である悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテステステロン)が生成されるのを防ぐんですね。
男性にはとても効果の高いフィナステリドですが、女性が服用中に妊娠すると胎児が男子の場合、生殖器に異常を発生する可能性があります。また、妊娠中の女性はフィナステリドに触れることようにがない注意が必要です。

■薄毛の女性に最適な薄毛治療とは・・・・・
「育毛剤が効かなく」「プロペシアも服用できない」のならの、育毛メソセラピーがオススメです。
育毛メソセラピーというのは、発毛効果のある成分を直接頭皮から注入して毛根へ届ける治療方法です。
育毛メソセラピーの発毛効果は実に99%を超えるものとなっています。
育毛剤では浸透力に問題がありますし、プロペシアは内服薬のため全身の血管を巡り毛根へは少量しか届きません。
そこへいくと、育毛メソセラピーは直接頭皮から注入するので確実ですよね。
育毛メソセラピーの治療には、発毛に効果のある薬剤を使用しますが、女性の場合、プロペシアは使用しません。
また、病院によって調合割合が違うので病院選びは大切です。
アナタに合った調合をしてくれなければ、効果は半減してしまう可能性があります。
病院を選ぶ時のポイントとしては、「発毛実績」を重視するのが良いかと思いますよ。
実際に、その病院で「薄毛を改善した方がどれくらいいるのか?」ということは、重要なデーターですね。
更に、症例写真を提示してくれているのであれば、安心感と信頼感が増します。
当サイトのオススメ基準も、「発毛実績=症例写真=安心感・信頼感」としていますので、是非、参考にして下さいね。