HARG療法ってどんな治療法?効果はあるの?

HARG療法とは、男性型脱毛症(AGA)など従来は改善が難しかった薄毛の悩みにアプローチする治療法の一つで、現在の先端治療に属する部類のものです。

 

現在のAGA治療の基本は投薬治療が中心で、AGA進行の原因となる男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑制するフィナステリド製剤(プロペシアなど)やミノキシジル製剤(リアップなど)の投与が基本となります。

 

これら基本治療は薄毛の悩みに対して確実に一定の成果を上げることができますが、一方で副作用の問題もあり、効果よりも副作用のデメリットが上回るために使用を継続できなくなった方や、持病などの為に最初から使用ができない、また女性は男性用の治療薬の一部を使用できないなど、全ての方が治療薬の恩恵を受けられるとは限りません。

 

HARG療法は上述のような投薬治療とは異なるアプローチをするため、内服治療ができない方の代替療法となるだけでなく、投薬治療と併用することで相乗効果によりかなり効果的な発毛効果を得ることができる治療法です。

 

 

 

1.HARG療法ではどんなことをするの?

 

この治療法では、「HARGカクテル」と呼ばれる薬液を頭皮に直接注入することで毛根にダイレクトに働きかけ、発毛力を引き出すことに主眼が置かれます。

 

薬液カクテルには幹細胞から抽出した「成長因子」がふんだんに入っており、これが細胞レベルで毛根の発毛力を引き出す作用をもたらします。

 

毛髪再生治療」と称されることもありますが、HARG療法の基になる幹細胞を用いた治療は他の医療分野でも期待が大きいもので、例えば事故などで失った体の器官や機能を復元させるほどの再生力があります。

 

これまでのようにビタミンなど栄養素を与えるものとは違い、髪を作り出す細胞の分裂機能が上手く働くように工夫されている所に特徴があり、育毛剤ように単に毛根に栄養を与えて活力を与えるだけのものは違います。

 

この成長因子が詰まった薬液は注射器などで頭皮に直接注入されるため、ダイレクトに毛根に到達させることができるのが利点です。

 

最近では痛みの無いようにノンニードル(針無し)で施術できるようにレーザーなどを用いた器具で注入する方法が主流です。

 

一か月に一回の施術を約半年ほど繰り返すことで効果を実感することができます。

 

 

2..効果と副作用のほどは?

 

HARG療法は2007年以降臨床現場で治療に用いられており、確かな実績を残しています。

 

発毛効果はかなり高く、各クリニックで治療実績を公表していますが成績は優秀といって良いでしょう。

 

安全性も高く、臨床で使用されて以降これまで副作用や事故などの報告はありません。

 

この確かめられた実績と安全性が消費者にとっては採用を検討する際の大きな足掛かりとなります。

 

 

3.HARGはブランドと考えるべし

 

ブランドというのはその商品なりサービスなりを検討する消費者に対して、信用・信頼をアピールするための手段となります。

 

一定の価格帯で、一定レベルの安心できる商品を買うことができる指標となります。

 

例えば家電製品なら、「日本製」というブランドは製品の耐久性や安定性など一定の安心感を消費者にもたらしますが、HARG療法も最先端治療でありながらも2007年以降着実に成果を上げているという実績と、製品事故などが無いという安心感をもたらすブランドとなります。

 

そして他の類似療法と選別しやすいように、業界団体によって結成された日本医療毛髪再生研究会から承認を受けた医療機関しか施術が認められず、またそれ以外の医療機関は「HARG療法」を名乗ることもできません。

 

消費者側から見ると、真の「HARG療法」を受ければ、一定の安定した効果が得られるということが分かるので、治療法の選択の際に見分けがつきやすくなります。

 

 

4.他の類似療法(育毛メソセラピー)との違い

 

頭皮に直接注入する類似した治療法は他にもありますが、先ほどのようにHARGブランドとは異なるので留意しておく必要があります。

 

類似した療法も一定の効果を得られるので悪いものでは当然ないのですが、区別はできるようにしておく必要があります。

 

大きな違いは頭皮に注入する薬液の中身の違いです。

 

HARGカクテルはこれまでの長年の実績で確実に効果があると団体が認めた成長因子などの成分が複合して配合されており、他の類似療法で用いられる薬液とは成分内容が異なります。

 

成長因子には複数あり、HARG療法では「KGF」「PDGF」「VEGF」他、団体が認めた成長因子や栄養素などを配合した薬液が用いられます。

 

他の類似療法では日本医療毛髪再生研究会が定めたこれら条件に拘束されることはないので、他の成長因子や成分を使うなど自由にできます。また一定の効果を上げていますが、臨床現場での治療実績などは治療を受ける患者側がしっかりと情報収集する必要があります。

 

この点HARGでは長年の実績がすでに確認されていることから信用性の点で一歩秀でているといえるでしょう。

5.HARG療法の秘密@成長因子とは・・・・・

 

薄毛の治療には、いろいろな種類があるんですけど、効果に個人差があったり、副作用を発症するものもあったりと、高い割合での効果を期待できるような治療法が、なかなか見つからなったことが、これまでの大きな課題だったんですよね。

 

しかし、現在では発毛率99%という高い効果をもたらす新しい治療法が注目を浴びているんですよ!それがHARG療法なんですね

 

HARG療法とは、Hair(毛髪)とRe-Generative therahy(再生療法)という言葉の頭文字をとった名称なんです。文字通り、毛髪が育つ力を再生させることで抜け毛を減らし、新たに髪の毛を生やす力を蓄える治療を行うのです。

 

HARG療法は細胞が育つために必要な“成長因子”を利用するという点が大きな特徴となっているんです!成長因子とは細胞を活性化必要なもので、髪の毛が育つ上においても必要府不可欠なものなんですよ。

 

6.HARG療法は女性にも効果があるの・・・・・?

 

抜け毛に悩む人の多くは、毛母は細胞の働きが弱まっているので、健康な髪の毛を育てる力が足りなくなっているんです。

 

そこで、HARG療法では従来の抜け毛治療え用いられる薬剤に加えて、成長因子を頭皮に注入することで、毛母細胞を活性化させて髪の毛を育成させる方法を用いているんですよ。

 

HARG療法で使用させる成長因子はAAPEと呼ばれるタンパク質の一種です。AAPEは幹細胞から培養されたもので、この元となる幹細胞は理論的には増毛にも効果をもらたすと考えらえれています。

 

幹細胞を直接頭皮に移植すれば、その効果を期待できるのですが、様々な制約があることから頭皮への移植は現在不可能となっています。

 

そこで、制約を受けずに利用できるAAPEが開発され、幹細胞の代わりとして頭皮に注入されているわけなんです。
また、HARG療法は性別によって効果に差が出るという心配もないんです!

 

本来、抜け毛の原因にはホルモンの影響も大きく関わっているため、治療法によってはどちらかの性別には不向きであるものも存在しますものね。
特に男性ホルモンのバランスと整えるような治療法は女性には効果が小さいことが欠点となっていますが、HARG療法は男性女性のどちらにも同じような高い効果をもららします。

 

7.HARG療法のデメリットは費用だけ?

 

男性にも女性にも同じようjな発毛効果が認められて、尚且つ、副作用の心配もないという、素晴らしい治療法のHARG慮法ですが、デメリットはないのでしょうか?

 

実は、一つだけあるんですね・・・。

 

費用が高いことです。同じような注入療法の育毛メソセラピーの相場が80,000円前後であるのに対して、HARG療法は150,000円前後します。
ほとんど倍ですね・・・。中には200,000円を超えるクリニックもあるほどです。

 

では、育毛メソセラピーとHARG療法の効果には、それほどの差があるのでしょうか?

 

現在では、それほど大きな差があるとは言えません。育毛メソセラピーも複数の成長因子を注入します。ただ認可を申請していないからHARG療法と名乗らないだけのクリニックもあります。

 

ただHARG療法とは違い、注入する成分に縛りがなく、各クリニックの判断で成分を決めています。HARG療法では注入成分は決められているので安心感はあるのかもしれません。

 

一方、育毛メソセラピーでは、薄毛の症状に合わせて注入成分を変えたり、調合割合を変えたりすることができます。

 

どちらが優れているのかは、ほぼ差がないところまで来ていますね。費用ば倍も違いなら考えところですね。

 

HARG療法ってどんな治療法?効果はあるの?