グロースファクター再生療法とはどんな治療法?効果はあるの?

 

グロースファクター再生治療とは複数の成長因子と呼ばれる成分を直接頭皮に注入し、毛根の細胞分裂の力を引き出す治療法になります。

 

最近一部のクリニックでこの「グロースファクター再生療法」を掲げて薄毛の悩み改善にアプローチしています。

 

現在主流になっている薄毛の治療法はフィナステリド製剤(プロペシアなど)によるAGAの原因物質の抑制と、ミノキシジル製剤によって血流改善を図ることでヘアサイクルの正常化を目指すものです。

 

グロースファクター再生治療はこういった投薬治療とは全く異なる作用機序を持つ治療法として従来の投薬治療と併用されたり、持病や体質などで治療薬を使用できない方への代替療法として提供されます。

 

この治療法を提供するクリニックによれば、類似療法であるHARG療法などと比べても劣らない治療効果があり、また費用も安く済むことがうたわれています。

 

それではこのグロースファクター再生療法とはどんなものか、また類似療法との違いは何か探っていきましょう。

 

 

■従来の投薬治療とは治療概念が異なる

従来のプロペシアなどの投薬治療は脱毛を促進させる男性ホルモンの生成を抑え、薬理効果による血流増幅作用などを組み合わせてヘアサイクルを正常化することに主眼が置かれています。

 

一方グロースファクター再生療法はそういった作用機序とは全く異なる視点からのアプローチを見せます。

 

細胞の分裂を促す複数の「成長因子」と呼ばれる成分を複合的に配合した薬液を直接頭皮に注入し、その効果を毛根の細胞にダイレクトに届ける施術となります。

 

これによって毛根の細胞分裂を促進し、毛髪の発生がなされるというものです。

 

クリニックによって注入される薬液には違いがあり、独自理論によって他の栄養成分を配合したり、製造者(社)の異なる薬液が採用されることもあります。

 

ただ一つ変わらないのは、この治療法はビタミンやアミノ酸などの栄養素の補給を目的とするものではなく、先ほどの「成長因子」による細胞分裂の効果によって薄毛改善を目指すものだということです。

 

注射器で薬液を注入するのが基本ですが、現在ではレーザー等を用いてより痛みや負担の少ないように施術されるのが一般的です。

 

一カ月に一回の施術を約半年+αで効果を実感できるようです。

 

また費用面でも類似療法のHARG療法の約3分の1とうたうクリニックもあります。

 

ただし採用する薬液や施術法の違いによって各クリニックで費用面ではバラつきが出ます。

 

効果の方は提供するクリニックによればHARGと同等かそれ以上の効果があるとしています。

 

 

■「グロースファクター再生療法」は新興の発毛治療ブランド

類似療法であるHARG療法も同じように頭皮に成長因子などを含む薬液を注入する療法ですが、違いはその成分内容や名称使用の制限にあります。

 

HARGも成長因子を用いた治療法ですが、こちらの方は日本医療毛髪再生研究会の承認を受けた医療機関しか提供できず、またそれ以外は「HARG療法」を名乗ることもできません。

 

使用される薬液も決まっていて、一定の治療薬を用いることで安定した一定の効果を得られることを重視しています。

 

一方グロースファクター再生療法はそういった決まりに縛られることなく、各クリニックがそれまでの治療経験からより効果の高い成長因子を厳選して配合した薬液を使用することができます。

 

また成長因子以外にも栄養素を組み合わせて配合したりと創意工夫も可能です。

 

成長因子の直接注入による薄毛治療という点ではHARGと同じですが、使用する薬液や成分などに縛りが無く、各クリニックの自由裁量が大きい点で異なります。

 

この意味では従来のHARG療法に対抗する新ブランドとして「グロースファクター再生療法」という看板を掲げたと考えることができます。

 

老舗であるHARGの方は2007年の臨床応用開始以降、順調な成果を上げており事故もないなど、規定通りの施術によって安定した効果効能を患者さんにアピールできる一方、グロースファクター再生療法は各クリニックで提供内容が若干異なることもあるので、患者側はその治療内容を個別に精査して判断する必要があります。

 

この点、「安心ブランド」としての効果はHARG療法よりも劣ってしまうのは否めませんが、もちろん第一線の治療専門家が提供する治療法ですから検討する価値は十分です。

 

■他の類似療法との違いは?

他にも類似療法として「育毛メソセラピー」などと称される治療が提供されることがありますが、こちらとの違いもあいまいなので患者側としては迷うことがあります。

 

「メソセラピー」というのは人体の皮膚に薬液を直接注入するという治療の「方法・手段」を表す言葉であり、個別の治療法を指すわけではありません。

 

こちらも各クリニックで使用する薬液の内容に差があり、一般的に成長因子の種類や量が他の療法よりも少なかったり、あるいはビタミン等栄養素のみで成長因子が含まれないものも包含されます。

 

検討する際は薬液の成分をよく吟味する必要があります。

■グロースファクター再生治療について
薄毛に悩んでいる人のための治療法は、いくつかあります。
その中でも発毛効果が高い方法として人気の高いものの一つにグロースファクター再生治療(成長因子の頭皮注入)というのもがあります。
これは、薄毛の大きな要因となっている成長因子が慢性的に不足している状態を改善することで、髪の毛の成長サイクルを正常に戻し、様々な原因の薄毛を改善していくという方法なんですよ。
グロースファクター再生療法は性別、年齢に関係なく行うことが出来る治療方法です。また、痛みも少なく安全性の高い方法でもあるので多くの人が利用しています。
グロースファクター再生療法で補われる成長因子というのは、タンパク質の一種で、細胞間の信号物質として働くと言われています。
この成長因子を多種類豊富に含んでいる安全性の高い薬剤を、極微細の針が付いた医療用スタンプを使用して頭皮に直接注入していくというのが一般的な方法となっています。
また、治療直後は、一時的に抜け毛の量が増えることなどもあります。
これらの症状は、医師から事前に説明がありますが、気になる場合には病院へ、その都度相談されるのが良いですね。不安に感じるよりも、すぐに不安と取り除いた方が良いですからね。
他の副作用としては、治療直後に頭皮が熱っぽく感じには、られたり、内出血や赤み、かゆみなどを感じる方もいるようです。しかし、ほとんどの方は数日から、長くても2週間程度で症状が落ち着いてくるので心配はいりませんよ。
まれに、副作用の症状がひどい場合には、適切な処置をとってくれるので安心です。危険性の少ない治療ですが、まれにアレルギー反応などを起こすこともあるので、アレルギー反応に人は、事前に医師に相談することが大切ですよ。
それらの心配が解消されれば、グロースファクター再生療法というのは、効果の高い薄毛治療ですので“一考の価値あり!”ですよ。
グロースファクター再生療法では、治療の際には麻酔を使用します。
しかし、麻酔なしでも我慢できる程度の軽度の痛みですし、ダウンタイムも10分程度と非常に短いのですよ。
そのため、仕事をしながら薄毛治療をしたいという場合でも気軽に通うことが出来るんこともメリットですよね。