ザガーロの効果@プロペシアとの違いは?

 

現代は男性型脱毛症のAGAの症状で悩んでいる人が増えており、専門クリニックで処方される内服薬を服用してみたい人が増えています。

 

プロペシアは大変ポピュラーな男性型脱毛症の治療薬ですが、主成分はフィナステリドになっており、薄いピンク色のコーティング剤の錠剤になっています。

ザガーロは、主成分がジュタステリドになっており、楕円形の形状になっており、軟カプセル状の形状になっています。

ザガーロは比較的安全性が高く、副作用の少ない商品ですが、正しく服用することで、高い効果を実感しやすくなります。信頼できる制約会社で開発されている商品なので、健康な男性の場合はほとんどの人が問題なく服用ができます。

 

頭皮の血流を促進したり、男性ホルモンの分泌を抑制する働きがあるので、根気よく続けることで、頭髪の状態が少しずつ改善されてきます。効果には多少の個人差がありますが、根気よく続ける必要があります。

 

 

■ザガーロの使用上注意
ザガーロは、プロペシアと同様に食事の影響を受けにくいのが特徴になっており、一回に1カプセルを24時間ごとに服用すると、優れた効果が期待できる商品です。プロペシアと同様に20歳から70歳ぐらいの健康な人が服用ができますが、20歳以下の未成年の人は服用ができないので注意をする必要があります。

 

ザガーロは男性型脱毛症を遅延する働きがありますが、円形脱毛症や女性の脱毛には効果がないので、女性は服用ができないので注意をして下さい。

 

専門クリニックに通院をすると、医師が問診やカウンセリング、診察を行ってから、必要がある場合は内服薬を処方してくれるので、最低でも3か月から6か月以上は服用する必要があります。

 

プロペシアは服用をしてから一か月間は献血ができませんが、ザガーロの場合は服用をしてから、6か月間は献血ができないので、注意をして下さい。

 

食事の影響を受けにくいので、食前はもちろん、食後も服用できる医薬品ですが、緑茶や紅茶、コーヒーなどのカフェインが含んでいる飲料は飲むのは控えて下さい。薬を飲む時はたっぷりの水か白湯で服用する必要があるので、お茶やジュースなどと一緒に飲むのは避ける必要があります。

 

たくさん飲んでも効果は変わらないので、一日に決められた分量をきちんと守って服用をする必要があります。頭痛や吐き気、胃のもたれ、勃起障害などが見られる場合があるので、気になる副作用が見られる場合は、薬の服用を中断して、医師の診察を受ける必要があります。

ザガーロの副作用@プロペシアとの比較

男性型脱毛症であるAGAに対して効果効能が認められている治療薬として、これまではプロペシアが広く用いられてきました。しかし、最近、AGA治療薬として認可されたものがあり、それがザガーロです。実際、ザガーロには、プロペシアよりも高い効果が期待できるということで注目を集めるようになっています。

 

一般的に言って、AGAつまり男性型脱毛症の原因は、男性型ホルモンであるDHTつまりジヒドロテストステロンであると言われています。このDHTは、還元型酵素である5aリダクターゼと呼ばれるものの影響を受けることによって生成されます。これまで、この5aリダクターゼにはT型とU型の二種類があって、DHTに作用するのはU型のほうであると言われてきました。それで実際にプロペシアは、U型の還元型酵素に働きかけ、抑制する効果があるため、一般に広く用いられてきたというわけです。

 

しかし、最近になって、T型の還元型酵素が頭頂部の薄毛に大きく関わっていることが理解されるようになってきました。そこで、T型とU型の両方に働きかけ、抑制する効果を持つザガーロがより一層の注目を浴びてきたというわけです。つまり、どちらの還元型酵素にも効果を持っているため、より高い薄毛治療の効果を期待できるというのです。

 

では、それだけ高い効果を期待できるのであれば、副作用もそれだけ大きくなってしまうのでしょうか。ここで、臨床試験による副作用について取り上げてみましょう。

 

海外や日本において実施された臨床試験によりますと、ザガーロに認められた副作用として、勃起不全や性欲減退、また精液量の減少といったものが報告されています。プロペシアに関しても、同様に性欲減退や勃起不全などが報告されています。つまり、どちらも同じような副作用が起こる危険があるということです。

 

しかし、これら臨床試験の結果が示すところによりますと、副作用が起きる確率には多少の違いがあることが分かります。臨床試験の数値から判断する限りでは、プロペシアに比べてザガーロのほうが、その悪率が高いという結果が出ているのです。もちろん、臨床試験の対象になった人や人数、またその期間などによって幾らか異なるため、この数値が絶対的なものであるということはできないでしょう。

 

しかし、こうしたデータを参考にして、どちらの治療薬を選ぶかを判断できるでしょう。その際に、AGAクリニックの医師などと相談するのも知恵の道でしょう。

ザガーロの価格

ザガーロは、飲むAGA治療薬の一つです。プロペシアについては世界初のAGA治療薬として知られていますが、この医薬品は2番目に登場した新しいAGA治療薬です。

 

この医薬品は去年厚生労働省によって承認されており、今年になって商品として正式に販売が開始されています。ですので、まだこの医薬品の知名度についてはそこまであるわけではありません。ただ、プロペシアと比較すると安全性や発毛効果の面についてはこちらのほうが高いために今後需要が増して一般的にもより知名度が浸透することが見込まれています。

 

発毛効果の面を見ていくと、ザガーロはプロペシアと比較しておよそ1.7倍の高い発毛効果を持っているといわれています。生え際前頭部頭頂部など髪のある部分のすべての部位に対して高い発毛効果が得られることが臨床実験の結果分かっています。

 

ザガーロの価格については、実ははっきりとした値については決まっているわけではありません。これには、保管適用外の医薬品であることも影響しています。そのため、製薬会社は医療機関に対しては参考価格のみを提示することになります。

 

そして、値段の交渉については医薬品卸会社に任せる方針を取っているということを留意します。プロペシアの参考価格については、1か月分28日で6千5百円から7千5百円ほどが目安となっています。

 

ザガーロについては、それよりもかなり高めの値段になると現在いわれています。参考価格については、1万2千円から1万3千円ほどとなることが予測されています。どうして高めの値段になるのかというと、商品を作っている工場のトラブルが原因となっていて現在のところ大量生産がしづらいことが挙げられています。効果についてはとても優れていますが、現状では値段についても高くなっています。

 

プロペシアは海外の通販サイトや個人輸入代行サイトなどで販売されており入手については比較的容易ではありますが、ザガーロについてはは現在のところ病院などの医療機関でのみ処方されており薬局やドラッグストアなどの店頭販売はもちろん、海外の通販サイトや個人輸入代行業者を利用することもまだできていないということを留意しておきます。

 

今後、治療薬としての地位がより確立された段階になったと判断された場合には通販サイトなどでも取り扱う可能性はありますが、現状では医療機関に行って医師と相談したうえで処方されるかどうかが決まることをポイントとしておさえるようにします。

ザガーロ|効果と副作用<まとめ>

■ザガーロの効果について
プロペシア(フィナステリド)よりも効果が高いと評判になっているのがザガーロですね。では、ザガーロの何が凄いのでしょうか?
AGA(男性型脱毛症)の原因は、DHT(ジヒドロテステステロン)だということが分かっていますが、このDHTは、男性ホルモンのテステステロンが還元酵素の5αリダクターゼの影響を受けることで生成されるんですね。

>>5αリダクターゼの詳細はコチラ


この5αリダクターゼにはT型とU型があって、テステステロンに作用するのはU型だと言われていました。プロペシア(フィナステリド)も、このU型を抑制する効果があります。
しかし最近、5αリダクターゼのT型が頭頂部の薄毛に影響していることが分かってきたんですね。そこでザガーロですが、このT型の5αリダクターゼを抑制する効果があるんです。さらにU型にも効果があるのでプロペシアよりも効果が高いと言われているんです。

  • ザガーロ・・・5αリダクターゼT型とU型に効果ある。
  • プロペシア・・・5αリダクターゼU型にしか効果がない。

その結果、ザガーロは「発毛効果」「髪の毛を太くする効果」においてプロペシアよりも優れています。

■ザガーロの副作用
プロペシア(フィナステリド)よりも効果の高いザガーロですが、副作用の心配はないのでしょうか?
ザガーロの副作用には、勃起不全・性欲減退・全身倦怠感・肝機能障害などプロペシアと同様の副作用があります。数値としては、勃起不全が4.3%、性欲減退が3.9%、精液量減少が7.3%ということです。
では、この数値がプロペシアよりも高いのかと言えば、検査方法の違いによる誤差の範囲と言えます。
口コミなどでは、「プロペシアよりも副作用の危険性が高い!」と言われているようですが、実際にはそれほどの差はありません
とすれば、プロペシアよりもザガーロの方が良さそうな気がしますよね?
5αリダクターゼのT型とU型の両方に効果があるのですからね!
しかしながら、ザガーロの方がプロペシアよりも価格が高いんですよね・・・。
「足元を見やがって!」と言いたいですね。
一般的にプロペシアの3割〜5割増しってところですね。半年、1年と継続するとなると、決して安くはない金額です。
では、どちらを選べば良いのでしょうか?

■プロペシアで効果があるのなら高いザガーロは必要ない!?
まだまだザガーロを処方している皮膚科院は少ないのですが、AGAクリニックでは、処方するところが増えてきました。
危険な個人輸入はやめて、医師の指導の下で服用することが副作用を抑える一番の方法であります。
では、AGA治療の病院ならどこでもよいのでしょうか?
当サイトでオススメしているヘアメディカルでは、プロペシアとザガーロのどちらが効くのかを遺伝子検査によって調べることが出来ます。

>>プロペシアの詳細はコチラ


この検査を行っているのは現在(2016.9.8)のところヘアメディカルだけなんです。
検査費用に19,000円ほど必要ですが、プロペシアとザガーロの価格差が3000円(1ヶ月)ですので、半年ほど元は取れます。
ザガーロでの平均的は治療期間は1年〜1年半なので、充分にお得ですね。

 

 

>>薄毛治療の病院は<発毛実績>で選べ!