薄毛治療なら専門病院が一番

当サイトでは、薄毛治療の病院選びで失敗しないために『発毛実績の多い病院』を紹介しています。おすすめ病院紹介していますし、47都道府県ごとでも紹介しているので参考にして下さい。

 

【男性】おすすめ病院>>


【女性】おすすめ病院>>

 

 

「俺の薄毛・ハゲは治らないだろうなぁ」
なんて、あなたは勝手に思い込んでいませんか?

 

育毛剤 効かない 育毛剤も効かずに薄毛のまま・・・
育毛サプリメント 育毛サプリも飲んだけど、薄毛のまま・・・

 

こんな経験をしていれば無理のないことかもしれませんね。

 

育毛剤No1 人気No1の育毛剤!
育毛対策 内側からの育毛対策に育毛サプリメント!

 

なんて言葉に、どれだけ踊らされたか・・・・・

 

しかし、薄毛治療の専門病院では「髪の毛が生えてきた!」と実感している人がたくさんいるんですよ。

 

確かに、育毛剤や育毛サプリメントのように手軽にできるものではないのかもしれません。また、費用的にも育毛剤よりも少し割高になるかもしれません。

 

しかし、少しだけ考えてみてください。

 

 どれだけ育毛剤に裏切られてきたのかを
 その育毛剤にどれだけ投資してきたのかを

 

このまま、効果のない育毛剤を使い続けますか?

 

薄毛を改善したいのならば、専門病院で相談してみてはいかがでしょうか?

 

薄毛の診察は一般病院の皮膚科でも行っていますが、やはりAGA・薄毛治療を専門とした病院がお薦めです。

 

というのも、薄毛治療には専門知識はもちろんですが、発毛実績も必要と考えるからです。

 

薄毛の原因は一人ひとり違います。
そして、薄毛治療の効果には個人差があります。

 

薄毛は一人一人に対応した治療が必要なんですね。

 

また、「発毛させた」実績の豊富な病院であれば、豊富な治療データがあります。そのデータから開発されたオリジナル処方薬も病院によって違います。

 

多くの蓄積されたデータ量を元に開発されたAGA・薄毛治療薬を使いたいと思いませんか?
ただ単に、薬を処方してくれるだけの病院では不安にもなるでしょう。

 

そこで、当サイトでは『治療実績』のある薄毛専門の病院を紹介しています。

 

そして、何よりも『診察前のカウンセリング』も大切だと考えています。
やはり治療前に、出来るだけ不安は取り除いておきたいですよね。

 

薄毛治療の費用 費用は、どれぐらいかかるのか?
薄毛治療の期間 薄毛治療の期間は、どれぐらいなのか?
薄毛治療の副作用 また、副作用の心配は?

 

 

当サイト厳選の『薄毛治療の専門病院』は、薄毛に関する相談を無料で行っています。まずは無料カウンセリングで不安や疑問を解いてみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ病院はコチラ>>

知らないと損する<病院選びの鉄則!>

薄毛治療の病院選び3か条

 

無料カウンセリング無料カウンセリングを受けて、治療内容と効果をチェック!

 

まずは無料カウンセリングで、あなたの薄毛の状態を確認して下さい。どの程度の期間で、どのような治療をすれば「発毛するのか?」「薄毛が治るのか?」を確認するんですね。また、その場合の治療内容と費用のも確認をして下さい。実際には、ちゃんとした検査をしてみなければ正確なことはは分かりませんが、経験のある医師ならば、おおよその見当は付くものです。この時に高額なプランを勧められたのなら、別の病院でも無料カウンセリングを受けることも必要です。しかし、カウンセリングの後、信頼できると判断され、費用にも納得できたのなら治療を受けてみても良いでしょう。半年後のあなたが楽しみですね。少しでも、納得できなければ当サイトで紹介している優良病院を何院かでカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

薄毛治療実績治療実績が豊富にあるクリニックを選びましょう!!

 

薄毛の原因は、人それぞれです。どんなに素晴らしいオリジナル処方薬を持っていても、それが1種類しかなければどうでしょう?その処方薬があなたに効かなければ、そのクリニックでは発毛することはないということになります。そうならないためには、治療実績の豊富にある病院を選ぶ必要があります。治療データに基づいた豊富な薄毛の治療薬があるからです。また、実績が豊富にあれば症例写真も豊富にあります。その中には、アナタに似た症状の方のいるでしょう。発毛までの過程を想像しやすくなりますよね。これは治療を受ける上で、とても大切なポイントです。モチベーションも高くなりますよね。

表示価格以外に料金がかからないかをしっかりチェック!!

 

最初の無料カウンセリングでの表示価格以外で追加料金が発生した場合、ちゃんとした説明を受けて下さい。始めに血液検査や遺伝子検査を受けていれば、治療法が大きく変わることはありません。(*薬剤の調合を変えることはあります。)内服薬と外用薬を希望しているのに高額なHARG療法や育毛メソセラピーを薦めるような病院は辞めるできです。当サイトでは優良病院だけを紹介しているので、そのような心配はありません。

 

 

 

 

 

薄毛のタイプ

薄毛・ハゲには様々なタイプがあります。

男性の薄毛(男性型脱毛症)には
  • 生え際(前髪・おでこ)から後退するM型(M字ハゲ)
  •  

  • 頭頂部(頭のてっぺん)の地肌が見え、次第に薄くなるO型(つむじハゲ)
  •  

  • 生え際と頭頂部の両方から薄毛が進行するタイプのMO型

このように脱毛する場所によってタイプが分かれます。また生え際から薄くなるM型のタイプは治療が難しいと言われているので早期に対策することが大切です。

 

生え際が後退してくるM字ハゲタイプには、フィナステリド内服薬では効果が低いとのデータもあります。この場合ザガーロ(デュタステリド内服薬)を使用することもふくめて医師と相談しましょう。

■豆知識■
AGA(男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテステステロン(DHT)を作る物質として5αリダクターゼ還元酵素がありますが、5αリダクターゼ還元酵素にはT型とU型の2種類があります。そして、生え際にはT型とU型が混合して存在していますが、フィナステリド内服薬はU型にしか効果がありません。デュタステリド内服薬はT型とU型に効果があるので、デュタステリド内服薬を使用することになります。デメリットはフィナステリド内服薬よりも費用が高いことです。

 

>>男性の薄毛治療のおすすめ病院を見る

 

女性の薄毛の場合には、

女性の薄毛は、後頭部を除く頭部全体がだんだと薄くなります。このような女性の薄毛の症状は「びまん性脱毛症」と呼ばれています。女性の薄毛は男性とは原因も症状も違うので、男性とは違う治療を行います。

 

また、若い女性でも出産後の抜け毛の多さにビックリする方もいるようです。これは妊娠中に増えていた女性ホルモンが産後になると急激に減ってしまうことで、ホルモンバランスが乱れることが原因で起こります。

 

産後の抜け毛、薄毛の現状に悩む女性も多いですが、通常は産後6か月から1年程度で通常の毛量に戻ることがほとんどです。半年が過ぎても抜け毛が減らないようであれば、薄毛の専門病院で相談することをオススメします。

半年たっても抜け毛が減ってこないのであれば、1年で薄毛が解消されているとは考えづらいからです。産婦人科医では、通常のことと取られ、真剣に相談に乗ってもらえない可能性が高いです。

 

専門医であれば授乳中も安心してできる安全な治療法があるので、一人で悩んでいないで相談して下さいね。

 

>>女性の薄毛治療のおすすめ病院を見る

薄毛の原因って何?

はげ・薄毛になる原因にはいろいろなことが考えられます。

生活習慣が原因

日常生活において不規則な生活によって睡眠時間が不足したり、バランスのとれた食事をしないことで起こる栄養不足などが原因で抜け毛が増えて、薄毛が進行することが考えられます。深夜に睡眠を取らないと成長ホルモンが分泌されないので髪が成長しません。髪は夜寝ている時に伸びています。また髪に必要な栄養が取れないので成長しないおですね。

ストレス

仕事や人間関係でストレスを感じると毛細血管が収縮し血行不良になります。この血行不良が慢性化すると髪の成長に著しく具合が悪くなります。髪の栄養は肝臓で作られていますが、血行不良により効率よく栄養分が毛根に運ばれなくなってしまいます。栄養が足りないと髪が成長しないのは想像ができますよね。運動不足を解消してストレスを貯めないようにストレス発散に努めましょう。

ホルモンバランスの乱れ

女性の薄毛に多いのは出産後にホルモンバランスが崩れたり、更年期障害によるホルモンバランスの乱れにより、髪の毛全体が薄くなるという症状が現れることです。妊娠している時は胎児を成長させ、あらゆる病気から守るために女性ホルモンが通常より多く分泌されています。女性ホルモンの神秘を感じますが、産後の女性ホルモンの減り方は尋常ではありません。そのため男性ホルモンとのバランスが崩れてしまうのです。

男性ホルモンの影響

男性の薄毛の原因の7割以上が男性ホルモンが原因と言われています。男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が原因なのですが、男性ホルモンのテステステロンが皮脂腺から分泌される5αリダクターゼ還元酵素の影響を受けてDHTに変化します。5αリダクターゼには「T型」と「U型」の2種類があります。5αリダクターゼの働きを阻害する治療薬にフィナステリドやデュタステリドがあります。それぞれ特徴のあるので、使用際には、専門医の指示に従って服用しましょう。副作用の可能性もあるので個人輸入での購入は危険です

遺伝によるもの

男性型脱毛症の場合、その原因である「テステステロンが還元酵素の栄養を受けやすい」という体質は遺伝すると言われています。これは受容体(レセプター)の性質を遺伝によって受けついでいることが原因として考えられます。しかし、「親がハゲているから自分もハゲる」というのは短絡的です。還元酵素への感受性(レセプターの性質)は遺伝しますが、実際に栄養を受けるかは、後天的な生活習慣などによることが大きいと言われています。

 

>>薄毛の原因の関連ページ

 

薄毛対策@自宅でできること

睡眠時間

薄毛と睡眠時間にはどのよな関係があるのでしょうか?

 

睡眠不足になると毛細血管(抹消血管)が収縮して血行不良になります。血流が不良することで髪の成長を妨げることはご存知の通りです。

 

また夜の22時以降3時くらいまで成長ホルモンが分泌されると言わているので、この時間帯には寝ていることが必要です。成長ホルモンは、日中に働き過ぎた内臓を修復し休息を与えます。それだけでなく、髪の成長を促進する働きももっています。。ただし、睡眠状態にいないと成長ホルモンは分泌されません。夜更かしはダメというとです。

食事

髪の成長だけでなく健康のためにもバランスのとれた食事が大切です。髪の栄養分は肝臓で作られて、血液に乗って毛根に運ばれます。そもそもバランスの取れた食事をしていないと髪の栄養も作られませんね。

 

豆知識として、イソフラボンとカプサイシンを同時に摂取するとIGF-1という成長因子が作られます。このIGF-1が発毛を促進してくれます。これは岡島研二博士が発見し「IGF-1理論」として育毛業界では広く知られています。

 

「納豆にキムチ」「味噌汁に一味」「冷や奴の豆板醤」とイソフラボンとカプサイシンが同時に取れるメニューはたくさんあるので工夫してくださいね。同時摂取が必須の条件ですのでお忘れなく!「朝にキムチ、夜に豆腐」ではダメだということです。

育毛シャンプー

頭皮環境も髪の発育には重要な要素です。AGA(男性型脱毛症)の原因である5αリダクターゼは頭皮の毛穴にある皮脂腺から分泌される皮脂と一緒に分泌されます。

 

皮脂の分泌量と比例して5αリダクターゼも多く分泌されるので、脂っぽい頭皮の人は髪の成長に悪影響を及ぼします。

 

本来、皮脂は頭皮を防御するために必要な物質ですが、過剰に分泌される皮脂は頭皮環境を悪化させます。過剰な皮脂が紫外線を浴び続けると角質化して毛穴を塞ぐ元凶となります。

 

角質化した皮脂はフケにもなります。フケが増えるとフケを餌としている菌が繁殖してしまい、更に頭皮環境が悪化する原因にもなりあす。(頭皮には菌が存在していますが、善玉菌と悪玉菌があります。菌がいること自体は悪ではありません。)

 

また、毛穴が詰まると髪の細毛化につながります。このように過剰に分泌する皮脂はシャンプーによって除去する必要があります。除去しすぎないように適度な洗浄力をもつ育毛シャンプーがオススメです。

育毛剤

育毛剤の多くは、AGAの原因である5αリダクターゼの働きを抑える成分を配合しています。また最近では発毛を促進する成分も含まれていることが多いので、抜け毛抑制作用と発毛作用と2つの作用を持つ育毛剤が主流となっています。

 

ただ育毛剤は医薬品ではなく医薬部外品ですので、効果があるとは言えないのが現状です。育毛剤に含まれる有効成分の濃度は低いのですね。それは、副作用の出ない程度の調整されているからです。これが医薬部外品の限界まもしれません。

 

(医薬品は厚生労働省に認可されるための「多額の研究費」と「長い年月」が必要となります。その点、医薬部外品は医薬品と比べると認可がおりやすいのです。

 

確かな効果を期待するのであれば医薬品であるプロペシアやミノキシジルなどの医薬成分を処方してもらえる病院での治療を考えましょう。医薬品には医師の処方が必要となるので、病院で受診することが必要あんですね。

育毛サプリメント

育毛剤とは違い服用して身体の内部から育毛を補助してくれます。育毛剤のような外用ではないので、育毛剤と併用することで高い作用が期待できます。

 

ただ、これも医薬品ではなく医薬部外品です。過度な期待はせずに、薄毛治療の専門クリニックで医薬品を処方してもらう方が、髪の毛を生やすことは可能です。

 

ただ育毛剤も育毛サプリメントも「発毛を期待するのではなく」「現状を維持したい、抜け毛を予防したい」という目的であれば、一定の効果は期待できます。

 

>>薄毛の原因と対策の関連ページ

最新の薄毛治療は専門病院へ!

薄毛治療の手法は日々進化しています。

 

今までは自宅で育毛シャンプーで頭皮を清潔に保ち、育毛剤でや育毛サプリメントを使用してヘアケアをしてきましたよね?

 

あるいは、アデランスやアートネイチャーなどの育毛サロンへ通ったかもしれません。しかし、ここ数年で薄毛治療の専門病院で医師による治療ができるようになりました。

 

「効果がある!」とは言えない医薬部外の育毛剤よりも、病院で処方される医薬品での治療の方が有効性が高いことは明白です。

 

病院での治療は、主にプロペシアやザガーロなどの内服薬による治療が基本となります。プロペシアやザガーロは皮膚科でも処方してくれるクリニックはありますが、薄毛治療の専門病院で診察を受けることをお薦めします。

 

というのは、

 

プロペシアなどの内服薬の費用が皮膚科よりも安いことも理由の一つですが、治療薬も「ただ飲めばいい」というものではなく、調合する成分を変えたり、調合割合を調整したり「服用する量」や「服用の間隔」を症状により調整していきます。

 

これには、治療経験の豊富な医師の指示が必要となるからです。

 

そして、薄毛治療を行ってる病院はたくさんあります。どうせ治療するなら最新の薄毛治療を受けたいですよね?

 

薄毛治療と言っても、

  • 内服薬による治療
  • 病院独自のオリジナル治療薬
  • 育毛メソセラピーやHARG療法
  • 自毛植毛

など、いろいろあります。そこで、それぞれの治療内容と、おすすめの病院を紹介します。

 

 

最新の内服薬治療とおすすめ病院

内服薬治療とは、薄毛の原因となるジヒドロテステステロン(悪玉男性ホルモン)の働きを阻害するプロペシアやザガーロなどを服用することで、抜け毛を止めて、薄毛の進行を止める治療のことです。

 

プロペシアやザガーロには直接的な発毛効果はありませんが、薄毛の原因であるジヒドロテステステロンの働きを抑えることで、髪にコシが出てきたり、髪が太くなったりすることはあります。

 

プロぺシアやザガーロは、どこの病院で処方してもらっても同じなので、価格の安い病院を選ぶというのも一つの目安となります。

 

そこで、おすすめするのはヘアメディカルです。

 

>>ヘアメディカルの詳細ページ

 

以下に、比較しやすいようプロペシアとザガーロの価格を表にまとめてみました。

 

病院名 プロペシア ザガーロ
ヘアメディカル

1か月分 6,500円 
3か月  18,500円  

 

12か月 74,000円

1か月分9,500円 
3か月27,500円  

 

12か月110,000円

AGAスキンクリニック

初回  4,200円 
2回目から7,000円 

 

12か月 81,200円

初回 4,800円 
2回目から 8,200円 

 

12か月 95,000円

聖心毛髪再生外来

1か月分 9,500円 

 

3か月分29,000円 

 

12か月116,000円

1か月分 11,500円
3か月分の設定なし

 

12か月 138,000円

湘南美容外科

初回  4,200円 
2回目から 6,500円 

 

12か月 75,700円

初回 4,800円 
2回目から 8,200円 

 

12か月 95,000円

12カ月分の費用で比較すると、プロペシアはヘアメディカルが最安値でしたが、ザガーロではAGAスキンクリニックと湘南美容外科が最安値でした。

 

当サイトのおすすめ病院はヘアメディカルです。まずはプロペシアから試していくのが通常の治療だというのが理由です。

 

もしあなたが生え際から薄毛が進行しているならザガーロの安いAGAスキンクリニックも選択肢に入ります。

 

(*湘南美容クリニックは、内服薬治療よりも育毛メソセラピーや自毛植毛による治療を得意としているので、強くはおすすめしません。)

 

次に、プロペシアとザガーロの治療効果を紹介します。

 

プロペシアの効果

プロペシアは、男性型脱毛症の原因となるジヒドロテステステロン(DHT)を生成する物質の一つである5αリダクターゼ還元酵素U型の働きを阻害することでDHTを作らせないようにします。

 

プロペシアを服用することで得られる効果には、

  • 薄毛の進行を食い止めること、
  • 細毛化の進行を抑制すること
  • 抜け毛を止めること

があります。実際にプロペシアを1年間服用して効果を感じる人の割合は約68%だそうです。2年間服用すると80%以上の人が何らかの効果を感じているようですが・・・。

 

「68%が高いのか?」というのは別として、プロペシアに「直接的な発毛効果はない」ということと、残りの32%の人は効果を感じていないということです。

 

病院で治療を受けようと考えている人の多くが、「発毛させたい!」のではないでしょうか?

 

とするならば、プロペシアだけでは不十分ということになります。

 

ザガーロの効果

プロペシアはDHTを作る物質の5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑制する効果がありますが、実は5αリダクターゼ還元酵素にはT型とU型の2種類があります。

 

そしてプロペシアはU型の5αリダクターゼ還元酵素にしか効果がありません。プロペシアで効果のでないT型の5αリダクターゼ還元酵素が多いと言われています。

 

実は、T型とU型のどちらにも効果があるザガーロという治療薬があります。最近では多くの病院でザガーロを処方するようになりました。

 

「初めからザガーロを使えばいいのでは?」と思われるかもしれませんが、価格がプロペシアよりも高いのです。そのため治療経過を見ながら医師の判断のもとでザガーロを使用するのかを相談することが賢明です。

 

オリジナル治療薬とおすすめ病院

オリジナル治療薬とは「発毛させる」ことを目的に病院が独自に開発しているものです。

 

メインとなる成分は、プロペシアとミノキシジルであることがほとんどです。「プロペシアで薄毛の進行と止めて(ブレーキ)、ミノキシジルで発毛を促す(アクセル)」ということです。

 

この2つの成分による働きを高めるために、亜鉛やビタミン類などを配合しています。配合する成分や調合方法は病院によって違うので、その効果は一律ではありません。病院を選ぶ際には「発毛実績」を考える必要があります。

 

そこでオススメする病院はヘアメディカルです。

 

>>ヘアメディカルの詳細ページはこちら

 

ヘアメディカルの特徴

オリジナル治療薬で実績の一番高いのがヘアメディカルです。発毛治療では18年以上の実績があり、累計180万人以上を治療しています。

 

また「防衛医科大学」「日本医科大学」「聖マリアンナ医科大学」などの大学と発毛治療に関する研究を行っており、薄毛治療薬の開発も積極的に行っています。

 

その結果、ヘアメディカルの積極的発毛治療のアドバンスト治療では、実に600種類以上の調合パターンがあります。18年以上の実績からの蓄積されたデータをもとにして、一番効果的な調合方法を割り出しているものなので信頼性が高く評判も高いです。

 

また、ヘアメディカルでは治療費が高額になる育毛メソセラピーやHARH療法を行っていません。基本的な内服薬治療とオリジナル治療薬だけで十分な治療効果を得られると自信を持っています。

 

治療費も無理のない設定で「ローンを組ませない!」を基本理念としているのも安心できます。

 

まずは、無料カウンセリングで薄毛の症状を診察してもらいましょう。症状が分かれば「必要な治療費はいくらか?」も「どの程度、回復するのか?」など、あなたが疑問に思っていることも分かります。

 

無料で相談できるので、相談しないのは損ですよね!

 

>>ヘアメディカルの詳細ページはこちら

 

 

その他の病院は?

AGAスキンクリニックのオリジナル治療薬であるRebith(リバース)も発毛実感率が高く評判の治療薬です。3〜4カ月で93.4%の患者さんが「髪が生えてきた」と感じているようです。

 

ただ18年の実績からできた600パターンの治療薬を持つヘアメディカルの優位性は変わりません。

 

他にも、聖心毛髪再生外来では漢方による毛髪サポートを行っているのが特徴です。漢方により薄毛治療は女性専門病院では行っている病院もありますが、聖心毛髪再生外来では、男性向けにも行っています。

 

ワンポイントアドバイス

オリジナル治療薬に使われるミノキシジルは、抹消血管を拡張することで血行を促進する効果があります。髪の栄養素は肝臓で作られ血液の乗って毛根まで運ばれます。毛細血管の血流が増すことが発毛につながります。

 

ではミノキシジルで効果を実感している人の割合はどれくらいなのでしょうか?

 

外用薬のミノキシジルを1年間使用した場合で約48%、2年間継続すると約78%の方が発毛を実感しているようです。しかし、薄毛がかなり進行している人が20代のようなフサフサの毛量に戻ることはほとんどありません・・・。

 

そこで、抜け毛を止め、薄毛の進行を抑制するプロペシアを併用することで、効率よく薄毛を改善することができるようになります。

 

また、ミノキシジルには内服薬のミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)があります。

 

ミノタブはが外用薬のミノキシジルよりも効果が高いのが特徴です。しかし、外用薬のミノキシジルよりも副作用の危険性が高いので、医師の指示のもと正しい量を飲むようにしましょう。医師に指導してもらうことで安全に治療することができます。

 

オリジナル治療薬の費用は「14,000円〜35,000円」ですが、処方される種類や病院によっても違ってきます。

 

育毛メソセラピーとHARG療法のおすすめ病院

育毛メソセラピーや毛髪再生治療にHARG(ハーグ)療法は、発毛に必要な有効成分や栄養素を注射などの器具を使用して頭皮より直接毛根へ浸透させる治療です。

 

発毛治療という点では、オリジナル治療薬による治療と同じですが、ダイレクトに毛根へ有効成分を注入することで、より高い発毛効果を得ることができ、治療期間もオリジナル治療薬よりも短いというのが特徴です。

 

そこでおすすめする病院はAGAスキンクリニックです。AGAスキンクリニックの育毛メソセラピー「Dr’sメソ治療」は評判の高い治療です。

 

>>AGAスキンクリニックの詳細ページ

AGAスキンクリニックの特徴

AGAスキンクリニックの育毛メソセラピーは「Dr’sメソ治療」という名称がつけられています。

 

3種類の発毛成長因子とミノキシジルを有効成分として抽入します。オリジナル治療薬Rebirth(リバース)と併用することで発毛実感率が99.4%と高く人気の治療です。

 

頭皮を-0℃〜4℃に冷却することで傷みを軽減しているので、ほとんど痛みは感じません。

 

内服薬と外用薬のオリジナル発毛薬「Rebirth」やメソセラピーの「Dr’sメソ治療(AGAメソセラピー)」を試してみたい方は、まずは無料カウンセリングへ行ってみましょうね。

 

>>AGAスキンクリニックの詳細ページ

 

 

東京にお住まいの方には銀座総合美容クリニックもオススメです。育毛メソセラピーやHARG療法が費用が高額なのがデメリットですが、銀座総合美容クリニックでは20,000円以下という、超破格の料金で受けることができます。

 

銀座総合美容クリニックの特徴

銀座総合美容クリニックでは、育毛メソセラピーを19,440円(税込)と20,000円以下の料金で提供しています。

 

通称“銀クリ”としても有名ですが、平均80,000円もする育毛メソセラピーが20,000円以下というのは、超破格の価格だと言えます。

 

銀クリはAGA・薄毛治療の専門クリニックとして人気がありますが費用が安いことも理由の一つです。内服薬は1ヶ月5,000円〜と育毛剤と変わらない費用なんですよ。

 

人気の秘密はそれだけではありません。いくら費用が安いからといっても治療効果が期待できなければ人気は出ませんからね。

 

針を使用しないノンニードル育毛メソセラピーは料金も安いのですが、高い発毛率も人気の秘訣なんです。短期間に発毛をしたいと言う方には、自信を持ってオススメできる専門病院です。

 

ただ東京にしかないのがデメリットですね。

 

内服薬と育毛メソセラピーのどちらにしたら良いのかを迷っている人も相談してみることをお薦めします。

 

>>銀座総合美容クリニックの詳細ページ

 

 

育毛メソセラピーとHARG療法とは?

育毛メソセラピーとHARG療法のどちらも有効成分を注射などを使用してダイレクトに毛根へ注入する治療ですが、抽入される成分により「育毛メソセラピー」と呼ばれるか、「HARG療法」と呼ばれるかが決まります。

 

HARG療法には、幹細胞タンパク質から抽出される発毛成長因子が含まれます。発毛成長因子が含まれないと育毛メソセラピーと呼ばれます。

 

少し前まではHARG療法が、幹細胞から抽出した発毛成長因子を使用しているという理由から「一番発毛効果が高い治療」だとされてきました。

 

しかし、最近では育毛メソセラピーにも発毛成長因子が使われるようになり、以前のような差はなくなったとも言われています。

 

しかし、HARG療法と名乗るには「日本医療毛髪再生研究会」からの認可が必要となるので育毛メソセラピーという呼び名は変わりません。

 

内服薬や外用薬による治療よりも、ダイレクトに毛根へ届き、毛母細胞の細胞分裂を活発にするので有効性が高く画期的な治療方法です。

 

また、育毛メソセラピーはクリニックによって違う治療名のついていることがあります。

 

  • AGAスキンクリニックのDr’sメソ(AGAメソセラピー)や
  • 湘南美容外科クリニックのスマートメソ再生治療に
  • 銀座クリニックのノンニードル育毛メソセラピー

など。病院を選ぶ際には、病院での実績や評判を考慮することが大切です。

 

 

育毛メソセラピーとHARG療法の最大のメリット
  • 治療期間が短い
  • 治療回数が少ない
  • 99%以上の方に治療効果がある

病院によりことなりますが4〜10回、平均6回程度の施術で一定の効果が期待できます。約半年の治療で『髪の毛が生える!』ということですね。

 

 

デメリットは、費用が高額であること

これも病院により違いはありますが、育毛メソセラピーの場合で、1回の施術が70,000円以上という病院が多いようです。HARG療法の方が高額であることが多く、1回10万円〜という病院が多いようです。

 

さらに満足できる治療結果を得るためには6〜10回程度の施術を受ける必要があるので、数十万円必要となります。

 

  • 育毛メソセラピー:7〜15万円×6〜10回=42〜150万円
  • HARG(ハーグ)療法:10〜20万円×6〜10回=60〜200万円

 

HARG療法を開発した福岡 大太朗医師の「HARG治療センター」では、「単体コースでは1回18万円」、「通院コースでは6回90万円、8回120万円、10回150万円」とかなりの高額です。ここまで行くとかんなりの決断が必要ですね(笑)

 

 

自毛植毛とおすすめ病院

自毛植毛は、患者さん自身の後頭部などから毛包ごと採取した髪の毛を薄い部分に植毛するという外科的手術です。

 

採取した髪の毛の90%以上が定着するというので、ほぼ確実に薄毛を改善することができます。「費用は高いですが効果は高い」のが特徴です。

 

自毛植毛には、「採取できるドナーの本数には限りがあるけど傷跡と残すことなく採取できるFUE法」と「傷跡は多少残るけど採取できるドナー髪が多いFUT法」があります。

 

最近では、傷跡を残さないFUE法の人気が高いようです。

 

また、FUE法は植毛する箇所の髪は長いままでも大丈夫ですが、FUT法は植える箇所の髪を坊主近くまで短くカットしなければならないのも理由の一つです。

 

そこで、FUE法でオススメする病院はTOMクリニックです。

 

>>TOMクリニックの詳細ページ

 

 

傷跡がほとんど残らないFUE法では、採取ロボットのARTAS(アルタス)が開発されました。これで、医師の技術による仕上がりの差も少なくなってきました。

 

ARTAS(アルタス)によって採取されたドナー髪は、医師が髪の薄い部分へ移植します。

 

費用はFUT法よりも高いのが残念ですが、傷跡も残らないので自毛植毛を考えているならば、検討する価値はあるかと思います。

 

TOMクリニックもARTASを採用している病院の一つですが、ARTASによる実績は十分にあり、費用が一番低く設定されています。技術による差がないのならば、費用が安い病院がいいですよね。

 

ARTAS(アルタス)を採用している病院の料金を比較してみました。

 

病院名 1000クラフト 1500クラフト
TOMクリニック 730,000円 1,040,000円
聖心毛髪再生外来 880,000円 1,180,000円
湘南美容外科 880,000円 1,170,000円

 

FUT法でおすすめの病院は?

FUT法のメリットはFUE法よりも、髪が多く採取できるということです。薄い部分が広い方はFUT法がオススメです。

 

ただFUT法は医師の技術により仕上がりに差ができるので、料金よりも実績で選ぶべきです。そこでおすすめするのが

 

アイランドタワークリニックです。芸能人も植毛するならココでと言われるほど腕は確かです。

 

>>アイランドタワークリニックの詳細ページ

 

 

女性の薄毛治療におすすめの病院

薄毛治療には、主にプロペシアが使われていますが、女性にプロペシアを使用することができないため女性の薄毛治療を行っている病院は少ないのが現状です。

 

そこで女性も使うことのできる抜け毛治療薬「パントスチン」を使用したりします。一方でミノキシジルは女性も使用できる有効性の高い治療薬ですし、副作用の危険性が低い「パントガール」を使用したりします。

 

女性の場合、知らずに妊娠していることも可能性としてあるので、副作用の危険性が低い治療薬を使用します。中には漢方による治療を行っている病院もあるほどです。

 

そこで、おすすめするのは「女性の薄毛治療を専門に行っている病院」です。男性とは薄毛の原因が違うのですから、当然、治療方法も変わってきます。女性専門の治療を行っている病院の方が安心できますよね。

 

そこで、女性の薄毛治療を専門に行っている病院を紹介します。

 

>>女性は女性専門クリニックへ

 

 

女性にプロぺシアで使用できない理由とは?

女性の薄毛の発症原因が男性とは異なることが上げられます。男性の薄毛は、男性ホルモンのジヒドロテステステロン(DHT)が原因であることがほとんどなのでプロペシアの有効です。

 

一方で女性の薄毛は、加齢や更年期障害などによるホルモンバランスの乱れ、ダイエットのし過ぎが原因の栄養不足、ストレス、睡眠不足など、いろいろな原因が考えられます。また産後に起こる過度の脱毛が原因で薄毛が進行してしまうこともあります。

 

このように男性ホルモンが原因ではない薄毛にはプロペシアに有効性はありません。

 

またプロペシアなど、フィナステリド成分配合の治療薬は、女性の薄毛治療に効果がないだけでなく、副作用の危険性が高くなる可能性があります。

 

特に妊婦さんがプロペシアを服用してしまうと胎児に影響が出ることがあと言われています。胎児が男子である場合に胎児の生殖器が正常に発育しない危険性があるようです。これはプロペシアが男性ホルモンの働きを阻害する作用を持つことが原因だと考えられています。

 

妊娠している女性の場合、プロペシアなどフィナステリド成分を含む薬剤に触れることも危険です。フィナステリドは皮膚からも吸収されるからです。旦那さんが、薄毛治療をしている場合は、奥様が触れることのないように治療薬の管理には気をつけましょう。

パントガールについて

女性の薄毛の症状は男性とは違い、髪の毛全体が細く薄くなりボリュームがなくなるというものです。この女性特有の薄毛を「びまん性脱毛症」と呼びます。

 

パントガールは、びまん性脱毛症に有効な治療薬です。毛乳頭への栄養補給や頭皮環境を正常にする効果があります。

 

女性の場合、ホルモンバランスが乱れることが原因で毛乳頭に栄養が届かないことや、頭皮環境が悪化することで薄毛になってしまうので、とても有効な治療薬です。

パントスチンについて

女性の薄毛でも、男性ホルモンが原因で起こるFAGA(女性男性型脱毛症)があります。パントスチンは、このFAGAに対して有効性があります。パントスチンの有効成分「アルファトラジオール」の働きで脱毛原因を抑制するので、プロペシアの女性版と言えるかもしれませんね。

 

プロペシアのような副作用の危険性もなく安心して使用できる治療薬ですが、ストレスや栄養不足、ダイエットなどが原因の薄毛には、効果を実感することができない可能性が高いです。

 

その場合、他の治療薬を使用することになるので、女性の薄毛を専門に治療している医師と相談しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

■AGAクリニックをお薦めする理由とは・・・■
私の知り合いに、薄毛を治した人がいます。この知人は、私が薦めた病院へカウンセリングを申し込んだところまでは良かったのですが、カウンセリングは「1ヶ月待ちです」と言われて、結局、違う病院で探すことにしました。「髪が生えれば、薄毛が治れば問題ないでしょ。薬なんて、どの病院でも同じなんでしょ?」と言っていましたが・・・・・なかなか生えない髪の毛・・・「通院を始めて5ヶ月目に、高いお金使ってコレだけ!?」と、怒っていました。
「どの病院でも薬は同じじゃないんだよ。基本的な成分は同じだけど、そこにオリジナルの成分も配合されるし、調合の割合も違うんだよ」それに、あまり安すぎるところは、実績を集めている段階の病院なんだよね。つまり、「実績がない」ってことなんだよ。初めの説明で、「90%の方が、半年で薄毛がフサフサの髪になります」と聞いていた友人は、残りの10%に入っていました。薄毛を治療する病院は多いけれど、失敗しないクリニックを選ぶには、『発毛治療実績が多い』というのが重要なんですよ。

>>発毛実績の多いクリニックはコチラ

■最善の薄毛対策は専門病院での治療■
薄毛対策として、育毛剤や育毛シャンプー、低出力のレーザー育毛器などがありますが、「髪の毛を生やしたい!」と考えるなら薄毛専門の病院が最適だと考えます。また専門病院だと「費用が高くないだろうか?」と心配になると思いますが、効果の期待できない育毛剤を2年、3年と使い続けるよりも安く済むかもしれません。育毛剤と育毛シャンプーを併用すれば効果が出ると言われていますが、その費用は1ヶ月10,000円を超えてしまいます。これを2年、3年と使い続けるとなれば、20万、30万円は軽く超えてしまいます。その対価としての効果といえば、とても満足のできるものではありませんよね。「抜け毛が止まった」「産毛が生えた」・・・etc。病院では、濃度の高いプロペシアやミノキシジルを処方します。これらのAGA治療薬で効果の少ない場合には、オリジナル処方薬を処方してもらうことになるでしょう。このオリジナル処方薬は病院独自に開発したもので、亜鉛やビタミン剤など、主にプロペシアやミノキシジルと相乗効果を狙ったもので、発毛効果は99%を超えるものです。また治療期間を短縮することができる方法もあります。これは治療薬を頭皮より直接注入することでダイレクトに毛根に作用させるものです。育毛メソセラピーやHARG療法がこれに当たります。ただ、費用が高額になりがちなのがデメリットです。この場合にはメディカルローンを利用すれば1〜2万円の分割ローンになるので、育毛剤よりも少し高いだけという感じでしょうか。発毛効果の高いオリジナル処方薬を医師の指導の下で使用できることが心強い味方となっています。やはり発毛を実感できるるまでは不安な日々を過ごすことになるものです。医師とのカウンセリングで不安などがあればぶつけましょうね。あなたと同じような症状の患者さんがあれば、その方がどのように改善していったのかを知ることで不安も和らぐでしょう。あなたが『髪の毛を生やす』ことを目的としているのなら、AGA・薄毛治療専門の病院で診察を受けることをお薦めします。発毛実感率99%以上の治療薬だけでなく、専門医の診察を受けている安心感との相乗効果によって、早く発毛を実感させてくれることでしょう。

>>6か月で発毛を実感できるクリニックはコチラ