髪の毛が抜ける原因と脱毛症のタイプ

男性型脱毛症(AGA)の原因

男性ホルモンのDHTが原因となって髪の毛が抜けるのは、男性型脱毛症です。

 

男性ホルモンのテステステロンが還元酵素の5αリダクターゼの作用を受けて、より強力な悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテステステロン)へと変化します。

 

このテステステロンが変化したDHTが毛根の成長を妨げることで、髪の毛が細くなり、抜け毛が増えて薄毛へと進行するのです。結果としてハゲ上がってしまう方もいます。

 

テステステロンとは・・・・・

男性ホルモンのテステステロンは、主に睾丸から分泌されています。男性だけと思われがちですが、女性も男性の20分の1程度のテステステロンを卵巣から分泌しています。

 

テステステロンは、全ての男性が持っているもので「筋肉の形成」「体毛・ヒゲの増加」など身体的な要素と「闘争本能・やる気」「孤独願望促進」など身体的な要素をもたらします。

 

AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモンでありますが、テステステロンが直接的に影響しているわけではありません。

 

よって、テステステロンの量が多いからと言ってAGAになりやすいのかは別な問題です。

 

テステステロンの量が多いと、ヒゲが濃くなりやすく、胸毛も生えやすいのですが、「ヒゲが濃いからハゲやすい」とか「胸毛があるからハゲやすい」というの関係がありません。

 

びんまん性脱毛症の原因

「ホルモンバランスの乱れ」による薄毛は女性に多い症状です。特に、更年期に女性ホルモンの分泌量が増えすぎてホルモンバランスを乱すことがあります。また妊娠中に増え続けた女性ホルモンは、出産を終えると一気に減少します。すると相対的に男性ホルモンが増えた状態になります。その結果、男性のように男性型脱毛症が起こります。

 

女性の場合は、男性ホルモン自体が増えるのではなく、女性ホルモンが減った関係で相対的に増えるので、これを“女性男性型脱毛症(FAGA)”と呼びます。これは、40代の女性に多い更年期で女性ホルモンが減ることでもも多く見られる症状です。

 

脂漏性脱毛症の原因

毛穴にある皮脂腺から皮脂が分泌されるのですが、分泌量が異常に多いと、毛穴が詰まったり、皮膚に炎症が起きるなどします。このように頭皮環境が悪化した状態では髪の成長を阻害することになってしまうのです。

 

皮脂の分泌量が多くなると、毛穴に常駐している「マセラチア菌」が増殖し皮脂を分解します。皮脂が分解された成分が、炎症の原因をなる「遊離脂肪酸(中性脂肪)」となって頭皮を刺激するようになります。

 

頭皮が刺激を受け続ける、頭皮に痒みや赤みなどの症状が現れてきます。その状態を放置しておくと、炎症は毛穴の奥にまで浸透し、毛穴そのものが炎症を起こしてしまいます。すると毛穴がダメージを受け、抜け毛の原因にもなります。

 

粃糠(ひこう)性脱毛症の原因

粃糠性脱毛症は、異常なフケが原因で髪の毛が抜ける症状のことです。フケが異常発生すると毛穴が詰まり、髪の成長が阻害されてしまいます。脂漏性脱毛症と同様に、頭皮環境が悪化することで髪の成長が妨げられ、抜け毛が増えてしまいます。

 

フケが増える原因として、シャンプーが合っていないことや育毛剤がの成分が合っていないことなどが考えられます。また強い力でシャンプーをしたり、ブレッシングをすることで頭皮を傷つけているとしたら、それも原因となります。

 

円形脱毛症の原因

円形脱毛症とは、10円玉から500円玉くらいの範囲の髪の毛が急に抜け落ちてしまう症状があります。痒みなどもないため、気が付きにくいのが特徴の一つです。ひどい円形脱毛症になると、10円玉ハゲが頭皮のあちら、こちらにできてしまい、髪の毛全体の3割以上になることもあります。

 

円形脱毛症の原因と考えられれているのは、精神的なストレスです。皮膚の炎症が原因と言われることもあるので、皮膚科を受診するのも方法です。ただ、円形脱毛症専用の治療薬はないので、対処療法となります。時間がたてば、自然と治癒することも多く、「気が付いたら治っていた」ということもあります。

 

 

自己抜毛症の原因

 

自己免疫疾患

 

脱毛症のタイプ

3.遺伝

「遺伝で髪が薄くなる」と、よく言われますが、どのような体質を遺伝で受け継ぐのでしょうか?また、親が薄毛・ハゲなら、自分がハゲてしまうのは仕方のないことなのでしょうか?

 

遺伝で受け継ぐのは、「5αリダクターゼ(還元酵素)がテステステロン(男性ホルモン)に作用して、DHT(悪玉男性ホルモン)へと変化しやすい体質」です。

 

あくまで、5αリダクターゼの影響を受けやすい体質というだけで、必ず影響を受けるということではありません。実際に影響を受けるかは、後天的な要素(食事や睡眠などの生活習慣など)が大きいのです。

 

ただ、還元酵素の影響を受けやすいかは大きな要素ではあります。男性の薄毛の原因は男性ホルモンの影響を受けている人が約7割以上と言われています。

 

4.AGA(男性型脱毛症)は遺伝だから仕方ないの?

「親がハゲているから、自分がハゲるのは仕方ない」というのは間違いです。つまり、遺伝で必ず薄毛・ハゲになるということはありません。

 

遺伝により受け継ぐものは「5αリダクターゼの影響を受けやすい体質」です。5αリダクターゼへの感受性が高いのか、低いかを遺伝として受け継ぐわけです。

 

つまり、「ハゲやすい体質」ではあるけれど「必ずハゲる」ということでありません。

 

親がガンだからと、必ずガンになるかと言えば、違いますよね?それと同じで生活習慣などの後天的な要素が大きいのです。

 

ということで、「遺伝だから仕方ない」なんてことはありません!

 

5.ストレス

ストレスも髪の毛が抜ける原因となります。仕事や人間関係でストレスを感じると毛細血管が収縮し血行不良になります。この血行不良が慢性化すると髪の成長に著しく具合が悪くなります。

 

髪の成長に必用な栄養分は肝臓で作られるのですが、ストレスが溜まると毛細血管が収縮している状態が続くので、血行不良により効率よく栄養分が毛根に運ばれなくなってしまいます。

 

十分な栄養が髪に届かないので、髪の細毛化が進み、次に抜け毛が増えて、薄毛へと進行してしまいます。

 

仕事や人間関係からストレスを感じることがありますよね。「ストレスを感じないように」というのは難しいですが、ストレスを溜めないように、発散できるように運動や、趣味などの時間をとれるように工夫をすることも大切です。

 

 

6.血行不良

髪の毛は、毛乳頭にある毛細血管から栄養分を補給して成長しています。血行が悪くなることで、十分な栄養素を補ぎなうことができなくなります。すると、髪の成長が鈍り、髪が細くなり、抜け落ちて薄毛へと進行してしまいます。

 

血行が悪くなる原因の一つに、「頭皮の緊張」があります。頭皮が突っ張った状態が続くと、頭皮と頭蓋骨の間にある血管を圧迫してしまい、血行が悪くなります。

 

女性で髪を結んでいる方は、常に頭皮が引っ張られており緊張状態にあります。寝る前には、軽く頭皮をマッサージすると良いでしょう。

 

7.頭皮環境の悪化

毛穴にある皮脂腺から皮脂が分泌されるのですが、分泌量が異常に多いと、毛穴が詰まったり、皮膚に炎症が起きるなどします。このように頭皮環境が悪化した状態では髪の成長を阻害することになってしまうのです。

 

皮脂の分泌量が多くなると、毛穴に常駐している「マセラチア菌」が増殖し皮脂を分解します。皮脂が分解された成分が、炎症の原因をなる「遊離脂肪酸(中性脂肪)」となって頭皮を刺激するようになります。

 

頭皮が刺激を受け続ける、頭皮に痒みや赤みなどの症状が現れてきます。その状態を放置しておくと、炎症は毛穴の奥にまで浸透し、毛穴そのものが炎症を起こしてしまいます。すると毛穴がダメージを受け、抜け毛の原因にもなります。

 

生活習慣の乱れ

生活習慣の中でも、「食生活」と「睡眠」は薄毛に関わる大きな要素です。

 

日常生活において不規則な生活によって睡眠時間が不足したり、バランスのとれた食事をしないことで起こる栄養不足などが原因で抜け毛が増えて、薄毛が進行することが考えられます。

 

また、「生活習慣の乱れ」の中でも最も影響が大きいのは“夜更かし”と言えるかもしれません。髪が成長するのは、個人差はありますが「夜の22時以降3時ごろまで」と言われています。この時間に成長ホルモンが分泌されます。深夜に睡眠を取らないと成長ホルモンが分泌されないので髪が成長しません。髪は夜寝ている時に伸びています。また髪に必要な栄養が取れないので成長しないおですね。

 

お酒を飲みすぎたりしていると成長ホルモンが肝臓の修復に使われて、髪の成長にまで回らないとも考えられています。お酒の飲み過ぎには注意しましょうね。他にもタバコを吸うと毛細血管が収縮します。

薄毛の原因には、「生活習慣の乱れ」「ストレス」「ホルモンバランスの乱れ」「遺伝」「男性ホルモンの影響」などが考えれます。

 

生活習慣の乱れ・・・タバコ、食事、睡眠など

「生活習慣の乱れ」の中でも最も影響が大きいのは“夜更かし”と言えるかもしれません。髪が成長するのは、個人差はありますが「夜の22時以降3時ごろまで」と言われています。この時間に成長ホルモンが分泌されます。そして成長ホルモンは疲れた内臓(特に肝臓)を修復しています。この時に髪の毛も成長すると言われています。

 

お酒を飲みすぎたりしていると成長ホルモンが肝臓の修復に使われて、髪の成長にまで回らないとも考えられています。お酒の飲み過ぎには注意しましょうね。他にもタバコを吸うと毛細血管が収縮します。

 

 

ストレス・・・仕事、人間官憲

また、人間関係や仕事において「ストレス」が貯まると毛細血管が収縮している状態が継続されます。すると肝臓で作られた髪の栄養分が毛根に届かないこととなり髪の成長を妨げます。その結果、髪の細毛化が進み、次に抜け毛が起こり、薄毛⇒ハゲへと進行していくのです。

 

ホルモンバランスの乱れ・・・女性の更年期、産後

「ホルモンバランスの乱れ」による薄毛は女性に多い症状で、妊娠中に増え続けた女性ホルモンが出産を終えると一気に減り、相対的に男性ホルモンが増えた状態になります。その結果、男性のように男性型脱毛症が起こります。

 

女性の場合は、男性ホルモン自体が増えるのではなく、女性ホルモンが減った関係で相対的に増えるので、これを“女性男性型脱毛症(FAGA)”と呼びます。これは、40代の女性に多い更年期で女性ホルモンが減ることでもも多く見られる症状です。。

 

 

男性ホルモンの影響・・男性型脱毛症(AGA)

「男性ホルモンの影響」を受けて薄毛になるのは、男性型脱毛症の典型です。男性ホルモンのテステステロンが還元酵素の5αリダクターゼの作用を受けて、より強力な悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテステステロン)へと変化します。

 

このテステステロンが変化したDHTが毛根の成長を妨げることで、髪の毛が細くなり、抜け毛が増えて薄毛へと進行するのです。結果としてハゲ上がってしまう方もいます。

 

テステステロンとは・・・・・

男性ホルモンのテステステロンとは、主に睾丸から分泌されています。男性だけと思われがちですが、女性も男性の20分の1程度のテステステロンを卵巣から分泌しています。

 

テステステロンは、全ての男性が持っているもので「筋肉の形成」「体毛・ヒゲの増加」など身体的な要素と「闘争本能・やる気」「孤独願望促進」など身体的な要素をもたらします。

 

AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモンでありますが、テステステロンが直接的に影響しているわけではありません。

 

よって、テステステロンの量が多いからと言ってAGAになりやすいのかは別な問題です。

 

テステステロンの量が多いと、ヒゲが濃くなりやすく、胸毛も生えやすいのですが、「ヒゲが濃いからハゲやすい」とか「胸毛があるからハゲやすい」というの関係がありません。

 

遺伝・・・還元酵素の感受性

「遺伝」というのは、5αリダクターゼ(還元酵素)がテステステロン(男性ホルモン)に作用してDHT(悪玉男性ホルモン)へと変化しやすい体質を受け継いでいるのか?ということです。

 

あくまで、5αリダクターゼの影響を受けやすい体質というだけで、必ず影響を受けるということではありません。実際に影響を受けるかは、後天的な要素(食事や睡眠などの生活習慣など)が大きいのです。

 

そのため、仕事のストレスを抱えて、夜更かしをし、栄養バランスの悪い食事ばかりと摂っていても薄毛にならない人もいます。また、毎日シャンプーをし、栄養もしっかりと摂り、夜更かしをしなくても薄毛になる人はいます。

 

還元酵素の影響を受けやすいかは大きな要素ではあります。

 

男性の薄毛の原因は男性ホルモンの影響を受けている人が約7割以上と言われています。

 

AGA(男性型脱毛症)は遺伝だから仕方ないの?

テステステロンの量とAGAに直接的な関係ありません。

 

AGAになりやすいのは、テステステロンが5αリダクターゼの影響を受けてDHTへ変化した場合です。AGAの原因となるのは、強力な男性ホルモンのDHTなのです。

 

5αリダクターゼの影響を受けてテステステロンがDHTに変化するのかが重要なポイントなんですね。

 

しかし、全ての方のテステステロンがDHTに変化するのかと言えば、そうではありません。5αリダクターゼの作用を受けやすいかが関係しているのです。

 

「俺のハゲは遺伝だから、仕方ない」というのは間違いです。

 

遺伝により受け継ぐものは「5αリダクターゼの影響を受けやすい体質」です。5αリダクターゼへの感受性が高いか低いかを遺伝として伝わるのですね。

 

つまりは、

 

「ハゲやすい体質」ではあるけれど「必ずハゲる」ということでありません。

 

親がガンだからと、必ずガンになるかと言えば、違いますよね?それと同じで生活習慣などの後天的な要素が大きいのです。

 

ということは、

 

「遺伝だから仕方ない」なんてことはありません!

男性型脱毛症(AGA)は、どんな症状?

男性型脱毛症(AGA)の主な症状は、

  • 天頂部が薄くなり頭皮が透けて見える
  • 生え際が後退してきて額が広くなる

などがあります。

 

男性の薄毛の7割以上が男性型脱毛症(AGA)と言われています。(更年期の女性や産後に薄毛になる方にも男性型脱毛症(AGA)の症状が出る人が多くなっています。)

 

 

こDHTは、テステステロンが還元酵素(=5αリダクターゼ)の影響を受けて変化するのです。

 

 

 

 

 

そして、DHTが“毛根”に作用して“毛乳頭”の働きが弱まり“毛母細胞”の細胞分裂する力が弱まることで髪の毛の成長が減速するのです。

 

 

成長期が短くなるから“抜ける”

髪の毛には、ヘアサイクルというものがあります。

 

髪の毛は、「成長期」「退行期」「休止期」「脱毛」というサイクルを繰り返しています。これをヘアサイクルと呼んでいます。

 

 

 

正常な人のヘアサイクルは、毛母細胞が活発に細胞分裂をしている「成長期」が5〜6年続くのですが、薄毛・AGAの方の「成長期」は、これよりさらに短く1〜2年なります。

 

 

 

 

「成長期」の次にくる「退行期」にある髪の毛は、細くなっています。
髪の毛は太いまま抜けることはなく、細くなってから抜けるのです。

 

正常な方は、「細い髪の毛」は「太い髪の毛」よいも少ないので、細くなったことを感じることはありません。

 

しかし、AGAにある方は、手グシを通すと「髪の毛が細くなった」と感じることが出来ます。

 

「髪の毛が細くなった」と感じることがあれば、まっさきにAGAを疑うべきですね。

 

関連ページ⇒薄毛の原因って何?

薄毛の対策は何をするべき?

 

男性の薄毛の7割以上が男性ホルモンの影響であることは説明しましたが、薄毛の進行を食い止めてハゲないようにするには、どうすれば良いのでしょうか?

 

薄毛の対策をネットで調べてみると「育毛シャンプー」に「育毛剤」「育毛サプリメント」など、いろいろと出てきますが、医学的根拠に基づいているのは「プロペシア」と「ミノキシジル」だけです。

 

育毛シャンプーは頭皮環境を整える働きはありますが、抜け毛を減らしたり、発毛を促進したりする効果はありません。育毛剤や育毛サプリメントについては医薬部外品であるので、血行促進作用や毛根を刺激する作用はありますが、直接的に発毛を促進する作用はありません。あくまで「間接的な要素で髪の毛が生えたりすることがある」ということです。

 

 

医学的に効果が認めらえているのはプロペシアの薄毛予防効果とミノキシジルの発毛効果です。

 

 

プロペシアは、テステステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼ(還元酵素)の影響を受けれのを防いてくれます。その結果、抜け毛が減り薄毛の進行も食い止めてくれます。

 

関連ページ⇒プロペシアの効果と副作用

 

ミノキシジルには血管拡張作用があり、毛細血管の血流が増えることで髪の栄養分が行き届き成長を促す効果があります。

 

関連ページ⇒ミノキシジルの効果と副作用

 

抜け毛を減らし、薄毛を予防するのであればプロペシアを服用するべきですし、薄毛が進行してしまっているので発毛を促すためにミノキシジルも併用するべきです。

 

これらは副作用の危険性もあるので安全のために医師の処方ももとで購入するようにしましょう。

 

関連ページ⇒プロペシアとミノキシジルを併用

 

安心して確実に薄毛を改善するなら、豊富な発毛治療の実績を持つクリニックで治療を受けるのが一番です。育毛剤や育毛サプリよりも多少の費用はかかりますが、患者さんの多くは1年程度の治療で満足jのいく結果を得ています。

 

効果のない育毛剤を2年、3年と使い続けるよりも早く確実に薄毛を改善することができるでしょう。1年後を楽しみに、まずは無料カウンセリングだけでも受けてみましょう。