薄毛の原因「5αリダクターゼ」を抑制する方法を徹底解説!【必読!】

5αリダクターゼが薄毛(AGA)の原因なの?

5αリダクターゼとは?

5αリダクターゼは、AGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテステステロン)を作り出す酵素です。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)は、通常、誰もが持っている男性ホルモン「テステステロン」が変化してできます。

 

そして、テステステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変化するときに、5αリダクターゼの働きを受けて変化します。

 

このような働きを持つことから、5αリダクターゼは、テステステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化させる還元酵素であります。

 

また、5αリダクターゼには「5αリダクターゼT型」と「5αリダクターゼU型」があります。

 

5αリダクターゼT型とは?

5αリダクターゼT型は、皮脂線に存在しています。そして、主に側頭部や後頭部の皮脂腺に多く存在します。

 

そのため、皮脂の分泌が多い人は、5αリダクターゼT型の分泌量も多いと言えるでしょう。「頭皮がべとつく」「脂っぽい」という方は、皮脂の分泌量が多い傾向があります。

 

5αリダクターゼU型とは?

5αリダクターゼU型は、毛乳頭に存在しています。そして、頭頂部や前頭部の毛乳頭に多く存在しています、

 

髪の毛を生やす司令頭と言える“毛乳頭”に存在するのですから、これがAGAに多大な影響を与えていると思われます。

AGA(男性型脱毛症)の多くが、「天頂部」や「前頭部」から薄くなってきます。

 

頭のてっぺんから薄くなってくる方は、5αリダクターゼU型の影響が大きいと考えられますし、生え際が後退していくる方は、5αリダクターゼT型の影響が大きいと思われます。

 

 

DHT(ジヒドロテストステロンとは?

DHT(ジヒドロテステステロン)とは、「男性ホルモンのテステステロン」が「還元酵素の5αリダクターゼ」の影響を受けて変化した男性ホルモンです。

 

テステステロン(男性ホルモン)は、筋力増大、毛深さ、精力など男性特有の働きに関係していますが、DHT(ジヒドロテストステロン)は、同じ男性ホルモンですが、AGA(男性型脱毛症)の原因となります。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)は、毛乳頭に存在するアンドロゲンレセプターと結合することで、毛母細胞の分裂活動を阻害するので、ヘアサイクル(毛周期)における「成長期」を短縮してしまい、「細毛化⇒薄毛化」へと進行させてしまいます。

 

5αリダクターゼの量は遺伝で決まる?

男性型脱毛症が発症するのに、男性ホルモンのDHTが大きく関わっていることはわかりました。

 

DHTは、別の男性ホルモンであるテステストロンが変化したものだから、テステステロンの量が多いとDHTになりやすく薄毛を発症しやすいと言えます。

 

そして、「テステステロンの量は遺伝によって受けつでいる・・・。」と考えている方も少なからずおられるようですが、テステステロンの量に個人差があると考えられています。

 

ただ、5αリダクターゼの量が多いだけではDHTに変化することはありません。5αリダクターゼの活性が高いと、テステストロンをDHTへと変化させるのです。

 

そして、遺伝で受け継がれるのは「5αリダクターゼの活性の高さ」であるとされています。

 

アンドロゲンレセプターの感受性が関係?

実は、アンドロゲンレセプターの感受性にも個人差があります。

 

DHTの活性が高いと、アンドロゲンレセプターと結合して薄毛になりやすいと説明しましたが、実はアンドロゲンレセプターの感受性が高いとDHTと結合しやすくなります。

 

「DHTの活性の高さ」と「アンドロゲンレセプターの感受性の高さ」が薄毛になる可能性に大きくかかわっています。

 

そして、アンドロゲンレセプターの感受性の高さは遺伝によって受け継がれています。

 

アンドロゲンレセプターの感受性の高さを決める遺伝子は、母方から受け継ぐX染色体に存在します。このことが、「母方に薄毛の親族がいると、薄毛になりやすい」と言われる根拠となっています。

5αリダクターゼを抑制する方法

運動や筋トレで5αリダクターゼを抑制できる?

継続的に運動をすれば「5αリダクターゼの分泌量を抑制できる」と言われることがありますが、本当なのでしょうか?

 

結論から言えば、「難しい」と考えられます。

 

こう言われるのは、男性ホルモンが薄毛の原因であることが関係していると思われます。

 

筋トレや有酸素運動など、比較的に激しい運動を20分以上続けるとテステステロンが増加します。

 

テステステロンが増加するなら、5αリダクターゼの影響も受ける量が増えるので、DHTも増えるんじゃないの?」となりますが、DHTは汗や尿によって排出されるから大丈夫!とも考えられています。

 

実は正確に言えば、運動によって抑制できると考えられているのは「5αリダクターゼではなくDHT」だということです。

 

では、DHTは汗や尿と一緒に排出されるのでしょうか?

 

最終的にDHTが尿と一緒に排出されていきますが、尿が増えたからといってDHTの排出量も増えるわけではありません。

 

また、DHTが汗と一緒に排出されるという医学的根拠はありません。

 

ということで、運動を行って汗をかいてもDHTの排出量が増えることはありません。すなわち、運動によって薄毛の予防になるとは言えません。

 

ただ、運動をすることで血行は良くなり健康にはいいことです。関節的に、育毛に貢献していると言えるのかもしれませんね(笑)

 

水分補給で5αリダクターゼやDHTは抑制されるの?

紅茶やコーヒーなどのカフェインを含む飲み物は利尿作用の高いので、効率よく5αリダクターゼを排出できると思われていますが、決してそのようなことはありません。

 

5αリダクターゼを抑制する食べ物とサプリ

食べ物で5αリダクターゼを抑制するなら

5αリダクターゼを抑制する食べ物には、「レバー、牛肉、しじみ、生ガキ」など亜鉛を多く含まれる食材があります。また「納豆、豆腐、豆乳」などの大豆を成分として食べ物にはイソフラボンが含まれており5αリダクターゼの働きを抑制する作用があります

 

そして「リノール酸、リノレン酸、オレイン酸」が多く含まれているノコギリヤシにも5αリダクターゼを抑制する作用のあることが分かっています。最後にアロインという成分の含まれるアロエにも5αリダクターゼを抑制する作用があります。

 

こうしていみると、身近な食材からも5αリダクターゼを抑制する作用のあるものがあることが分かります。毎日の食事からも5αリダクターゼのことを意識してみるもの良いかもしれませんね。

 

 

サプリで5αリダクターゼを抑制する

いろいろな食べ物で5αリダクターゼを抑制する作用のあることが分かりましたね。

 

「亜鉛、イソフラボン、ノコギリヤシ、アロエ」は、食事から摂ることは出来るのですが、それよりも簡単に摂取できるのサプリメントです。

 

医薬品とは違い副作用の心配もなく手軽に取れるので、有効にサプリを利用するのも一つの方法です。

5αリダクターゼの分泌を抑制する成分

亜鉛

5αリダクターゼを抑制する効果があるものとして「亜鉛」が上げられます。

 

亜鉛は髪の毛を作るのに必要なミネラルの一つです。髪の毛の成分である「ケラチンケラチン」は亜鉛が不足すると十分に作られなくなるのです。これが抜け毛や薄毛の原因の一つとなっています。

 

また、体内に十分な亜鉛があれば5αリダクターゼを抑制してくれるんです。亜鉛とゼライン酸をある条件下で組み合わせると抑制力が強くなるようです。

 

亜鉛は食品からも摂ることができます。多く含む食材として、生ガキ、レバー、牛肉などが知られています。最近では、サプリメントとしても摂取することが出来るので、手軽に薄毛対策をすることも出来るようになりましたね。

 

イソフラボン 

大豆イソフラボンが5αリダクターゼの働きを抑えることが分かってきました。

 

大豆イソフラボンと毛髪の関係について台湾の国防医学院が「AGAのレベル・年齢・食事・喫煙」などの生活習慣などについて調査を行いました。

 

以下に台湾・台北国防医学院・公衆衛生大学院疫学科の研究結果を紹介します。

“Blood vanadium and frequent soy bean drink consumption may provide protect effects against AGA. Accordingly, blood vanadium concentrations, the AA genotype of rs1160312 and frequent consumption of soy bean drinks are associated with AGA.”(?出典『台北国防医学院 公衆衛生大学院』)

 

【訳:血液バナジウムと、豆乳を頻繁に消費することは、AGAに対して保護効果をもたらすようだ。従って血液バナジウム濃度と、rs1160312のAA遺伝子型であることと、豆乳の頻繁な摂取はAGAと関係性がある。】

イソフラボンとAGA(男性型脱毛症)の関係性についての論文が少ない中で、「血中バナジウム濃度」と「頻繁な豆乳摂取」はAGAに保護効果をもたらすことが

 

ノコギリヤシ

ノコギリヤシに含まれるβシトステロールやオレイン酸には、5αリダクターゼの働きを抑えて、テステステロンがDHT(ジヒドロテステステロン)へと変化するのを阻害する働きがあるという研究結果が出ています。

 

またノコギリヤシには、DHTが作られるのを防ぐ働きの他にも、毛穴から分泌される皮脂の過剰分泌も抑制する働きがあります。
5αリダクターゼU型は、毛穴の皮脂腺から皮と共に分泌されるので、過剰な皮脂を抑制することで5αリダクターゼの分泌も抑制してくれます。

 

さらに過剰な皮脂は、毛穴を詰まらせる原因や、悪玉菌の餌にもなり頭皮環境を悪化させることにもなりますが、ノコギリヤシはこれも防いでくれます。毛穴が詰まると髪の成長が妨げられてしまいます。

 

ノコギリヤシはヤシ科のハーブの一種で、古くからネイティブアメリカンの健康食として食されていたそうです。「インディアンにハゲはいない」なんていう言葉にも説得力が出てきましたね(笑)

 

アロエに含まれる「アロイン」と「タンニン酸」

アロエに含まれる「アロイン」という成分は、男性型脱毛症の原因にもなる5αリダクターゼの働きを抑制してくれます。

 

アロインは、育毛剤や頭皮用シャンプーにも含まれており、実績のある育毛成分です。

 

また、アロエに含まれる「タンニン酸」にも育毛効果があります。

 

タンニン酸は、浸透力が高く頭皮より浸透し、細胞を活性化させる働きを持ちます。頭皮にターンオーバー機能を正常化し、頭皮環境を整えてくれるだけでなく、毛母細胞の働きも活性化する作用があります。

 

アロエは、火傷や傷の回復に効果的と言われていますが、育毛や薄毛にも効果的に働いてくれます。

育毛剤で5αリダクターゼを抑制できるのは?

育毛剤の中には、5αリダクターゼの働きを抑制する成分を配合しているものが多くあります。

 

育毛剤に使用されている成分で、5αリダクターゼの働きを抑える作用を持つものに

M-034エキス

チャップアップ
濃縮育毛剤ブブカ
育毛剤イクオス

ペブプロミンa
(特許出願中)

薬用プランテルEX
ヒオウギエキス

薬用プランテルEX
育毛剤ゼロワン

 

育毛剤のメリットとデメリット

育毛剤は、市販の薬局やネット通販で手軽に購入できるメリットがあります。また、ネット通販においては、初回を低価格に設定して、試しやすい環境にあります。返金保証が付いている育毛剤もあり安心感が高いのもメリットです。

 

医薬品が「副作用の心配もあるけど、効果もある」という商品なのに対して、育毛剤は医薬部外品なので、副作用の心配はありませんが「効果がある」とまでは言えない商品です。

 

5αリダクターゼを抑制する薬

5αリダクターゼの働きを阻害する成分に「フィナステリド」と「デュタステリド」があります。これらは、副作用の可能性もある医薬品ですが、しっかりと効果も期待できます。

 

同じAGA治療薬として使用されている「ミノキシジル」は、効率よく血行を促進させることによる発毛効果を持つ医薬品です。フィナステリドやデュタステリドとは、作用が違います。

 

フィナステリド(プロペシア)


フィナステリドは、アメリカのメルク社が開発した「抗アンドロゲン薬」です。

 

もともフィナステリドは前立腺肥大症や前立腺ガンの治療薬として使われていたのですが、男性ホルモンの働きを阻害することから、AGA治療にも使用されるようになったのです。(日本では、前立腺の治療薬としては未承認です)

 

フィナステリドは、5αリダクターゼU型の働きを抑制して、テステステロンがDHT(ジヒドロテステステロン)へと変化するのを防いでくれます。

 

低用量(0.2r/1r)で、男性型脱毛症に対しての抜け毛抑制効果が認められています。商品名「プロペシア」として、日本でも広く使用されています。

 

<豆知識>

亜鉛、ノコギリヤシ、イソフラボン、アロインなどにも5αリダクターゼを抑制する働きがありますが、医薬品であるフィナステリドの方が圧倒的に効果が高いです。

 

亜鉛やイソフラボンなど食べ物からも摂取できる成分もあり、余分な費用を使わずにいれることがメリットです。

 

男性型脱毛症(AGA)が進行している方は、食べ物やサプリなどではなく医薬品であるフィナステリドの方が効果が高いことを覚えておくと良いでしょう。

 

デュタステリド(ザガーロ)


デュタステリドもフィナステリドと同じように5αリダクターゼの働きを抑制してくれます。

 

ただ、フィナステリドは、5αリダクターゼU型にしか効果がないのですが、デュタステリドは5αリダクターゼ「T型」と「U型」のどちらにも効果があります。

 

5αリダクターゼT型は、前頭部(生え際)に存在することから生え際が後退してきたのでフィナステリド(プロペシア)で治療しているけど効果がないという方は、デュタステリドでの治療に切り替えると効果が出始めるということも珍しくありません。

 

「初めから、デュタステリドを使えばいいのでは?」という疑問が出ると思いますが、デュタステリドはフィナステリドよりも副作用の出る可能性が高い薬です。また、料金も高いのがデメリットです。

 

 

フィナステリドとデュタステリドの購入についての注意点

フィナステリドもデュタステリドも医師の処方が必要な医薬品です。

 

日本では、AGA治療を行っている専門クニックや、一般皮膚科などで処方しています。副作用の可能性もある医薬品なので、医師に服用の指導を受けることが義務付けられています。

 

ただ、個人輸入代行業者というものがあり、ネット通販で手軽の購入する方法もあります。医薬品は、海外からの輸入は禁じられているんですが、個人で使用する場合は個人輸入は認められています。

 

ただ、個人輸入で購入した医薬品で副作用の症状が出ても何の保証もありません。もちろん、個人輸入代行業者も保証はしてくれません。あくまで、「個人で輸入するのを手助けしただけ」というスタンスですからね(汗)

まとめ

5αリダクターゼの働きを抑えることができれば、男性型脱毛症(AGA)の原因であるDHT(ジヒドロテステステロン)が作られないので、薄毛にはならないことは分かりましたよね。

 

そして、5αリダクターゼの働きを抑制する方法として、

  • 亜鉛やイソフラボンを含む食べ物
  • ノコギリヤシやアロインなどを含むサプリ
  • M-034エキス、ヒオウギエキス、ペブプロミンaを含む育毛剤
  • フィナステリドやデュタステリドなどの医薬品

があることが分かりましたよね。

 

亜鉛やイソフラボンなどは食事から摂るようにするべきです。またサプリは健康補助食品として食事の補完として取ることも有効です。

 

ただ、育毛剤は費用もかかりますが、誰にでも効果がでるものではありません。

 

そこで、おすすめするのが、この中でも一番効果が高いのが医薬品である「フィナステリド」と「デュタステリド」です。

 

これらには副作用の心配もありますが、医師に処方してもらう限りは、服用中の方法は医師に指導してもらえるので副作用の心配も低くなります。

 

そこでオススメするのが、AGA治療を専門に行っているAGAクリニックです。

 

もちろん、一般皮膚科の中にもフィナステリドやデュタステリド処方に対応している病院はあります。ただ、皮膚科での料金は、AGAの専門クリニックよりも高い傾向にあります。

 

また、AGA治療を専門に行っているわけではないので発毛治療は行っておりません。AGAの専門クリニックでは、病院独自のオリジナル治療薬を開発しているクリニックが多く、積極的に発毛治療もおこなっています。

 

5αリダクターゼの働きを抑える予防治療だけでなく、積極的な発毛治療も受けることができます。

 

page top