デュタステリドだけは効かない!?

AGA(男性型脱毛症)、薄毛の治療を言えばプロペシアが有名ですね。また市販の薬局やドラッグストアでも購入できるミノキシジル配合のリアップも人気です。

 

では最近、「プロペシアよりも効果が高い」と耳にするようになった「デュタステリド」は、どのようや薬なのでしょうか?

 

プロペシアやミノキシジルと併用することで発毛させることができるとのことですが、出デュタステリドのみでは効かないのでしょうか?

デュタステリドとは?

デュタステリドはプロペシアと同じように、AGA(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモンの働きを抑制することで、抜け毛を止め、薄毛が進行するのを食い止める働きがあります。

 

そもそもAGA(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモンは、DHT(ジヒドロテストステロン)です。

 

そして、DHT[(ジヒドロテストステロン)は、テステステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼ(還元酵素)の影響を受けて変化したものです。

 

正確に言うと、プロペシアは、この5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑えることでDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されるのを阻害しています。「DHTが作られないので、AGAにはならない」という理屈ですね。

 

デュタステリドも、プロペシアを同様に5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑える働きを持っています。

 

では、「プロぺシアと同じなの?」という疑問が出てきますよね?

 

じつは、5αリダクターゼ還元酵素には、「T型」と「U型」の2種類があります。プロペシアは、「U型」の5αリダクターゼ還元酵素にしか効果がありませんが、デュタステリドは、「T型」にも「U型」にも効果があります。これが「デュタステリドはプロペシアより効果が高い!」と言われる理由です。

デュタステリドは生え際に効果あり!?

AGAの原因となる5αリダクターゼ還元酵素ですが、「T型」と「U型」が存在する範囲に差があります。5αリダクターゼ還元酵素「U型」は、天頂部から前頭部(生え際)まで頭髪全体に影響を及ぼしています。

 

一方で、5αリダクターゼ還元酵素「T型」は、生え際や、こめかみなど、一部の範囲にしかありません。ということからも、生え際が後退してくるのが、「U型」ではなく「T型」が原因である場合には、プロペシアでは効かないということになります。

 

もちろん、「U型」が原因の場合にはプロペシアでも効果がありますよ。ただ、「T型」か「U型」のどちらが原因となっているかは、個人差があるので分かりません・・・。

 

「T型」が原因である場合には、デュタステリドで生え際が後退してくるのを抑えることができます。

 

では、「初めからデュタステリドを使えばいいのでは?」という疑問が出ますよね。

 

しかしながら、価格面でデュタステリドはプロペシアよりも高いんですね。また、副作用もプロペシアよりも出やすい傾向にあります。ということからも、プロペシアで効果の出る方は、あえてデュタステリドの使用をするべきではありません。

デュタステリドは若ハゲに効果あり?

20代や30代から薄毛が進行する若ハゲにデュタステリドは効果あるのでしょうか?

 

若ハゲの多くが、DHTが原因である男性型脱毛症(AGA)であることからも、デュタステリドが効く可能性が高いと言えます。また、若ハゲに多い特徴として、「前頭部からの薄毛化(生え際の後退)」があります。

 

これらは、5αリダクターゼ還元酵素「T型」が原因であることが多いので、デュタステリドが効く可能性が高いです。もちろん、DHTが原因でない若ハゲもあるので、一概には言えませんが、高い確率で効く可能性が高いと言えます。

 

また、若ハゲだからと、初めからデュタステリドを服用するのではなく、プロペシアから試すべきです。前頭部の薄毛化には、「U型」の還元酵素が原因であることもあるからです。

 

 

デュタステリドの半減期@副作用の可能性が高い理由とは?

半減期というのは、「薬を服用してから、その有効成分の血中濃度が半分に減るまでの期間」のことを言います。有効成分濃度が減るまでの期間が長ければ、それだけ薬の効果が持続しているということなので、「半減期が長ければ、それだけ薬が効いている期間が長い」ということです。

 

実は、プロぺシアの半減期が「3〜5時間」であるのに対して、デュタステリドの半減期は「3〜5週間」もあります。それだけ、長い間体内の留まるので、デュタステリドの方がプロペシアよりもAGA(男性型脱毛症)に効果的だと言われるのですね。

 

ただし、半減期が長いということは、長い間体内留まるので、それだけ副作用の危険性も高まります。また、服用をやめても、しばらくは体内に残っているので、「服用を止めたのに、体調が悪い」という場合には、デュタステリドの副作用の可能性も考えてみましょう。

デュタステリドとミノキシジルを併用すると発毛する?

薄毛、AGAの治療薬としてプロペシアと同様にデュタステリドが使われていますが、デュタステリドのみでは発毛することはありません。これはプロペシアも同じです。

 

デュタステリドは、あくまでAGAの原因となるDHTを作らせないようにする働きをするだけで、発毛を促す働きはありません。

 

そこで、発毛治療としては、デュタステリドとミノキシジルを併用する必要がありまます。薬局やドラッグストアで市販されている「リアップ」にもミノキシジルが配合されています。

 

ミノキシジルには、血管拡張作用があり、血管を広げることで血流を増やし、肝臓で作られた栄養分を毛根に効率よく運ぶことができます。栄養を受け取った毛根では、毛乳頭が活発になり、毛母細胞の細胞分裂が促進されます。細胞分裂が活発になることで、頭皮から押し出されるよう毛髪が成長します。

 

デュタステリドには、毛母細胞を刺激する働きはないので、発毛治療にはミノキシジルを併用することが必要です。

ミノキシジルには、内服薬のミノタブがある

発毛促進作用のあるミノキシジルは、通常はリアップのような頭皮に塗布するタイプの外用薬が広く使われています。ミノキシジルには、リアップのように頭皮に塗布するタイプの外用薬と、服用する内服薬があります。

 

内服薬タイプは、ミノキシジルタブレットとよばれ、通称「ミノタブ」とも呼ばれています。ミノタブは、外用薬ミノキシジルよりも発毛効果が高いです。塗布するタイプの外用薬では、そのすべてが頭皮に浸透するわけではないので、どうしても効率が悪くなります。

 

一方で、内服薬のミノタブは、効率よく有効成分が作用します。ただし、外用薬タイプのミノキシジルよりも副作用の確率も高くなります。

 

 

デュタステリドの通販は安全なの?

プロペシアよりも効果が高く、ミノタブと併用することで発毛効果も高くなるデュタステリドですが、じつは通販で購入することができます。

 

では、デュタステリドを通販で購入することの安全性に問題はないのでしょうか?

 

国内でデュタステリドを購入するには、医師に処方してもらう必要があります。これは、効果も高いが副作用の可能性もある医薬品であるからです。そのため、デュタステリドを通販で購入する場合、海外から個人輸入する必要があります。ただ、手続きが頻繁であることから「個人輸入代行業者」を利用することが多いでしょう。

 

個人輸入代行業者は、海外から医薬品を輸入する際の手続きを代行して行ってくれます。このような業者を利用すればネット通販で、デュタステリドを購入することができます。ただし!個人輸入代行業者は、あくまでも輸入手続きを代行しているだけで、購入者は「あなた」です。あなた名義で購入しているということです。

 

これが、どうことかというと、デュタステリドには、副作用の可能性があることが説明しましたが、もし、「副作用の症状が出ても保証の対象にはならない」ということです。

 

国内で医師の処方による医薬品で副作用や薬害などが起きれば、厚生労働省が保証することになっています。

 

医師が処方するのは、厚生労働省が認可した医薬品に限られるからですね。海外製の医薬品(*この場合はデュタステリド)にまで認可できない。つまり、厚生労働省としては安全だと認可できない、ということです。

外国製のデュタステリドは大丈夫(安全)なの?

これは、分からないです・・・。

  • 例えば、どこの国で製造されたものなのか?
  • 成分にデュタステリドしか含まれていないのか?
  • 他に、健康に悪い成分は含まれていないのか?

などは、確認のしようがありません。

 

また、先進国のデュタステリドなら製造過程に対する信頼度は高まります。健康を害する成分が含まれている可能性は低いです。

 

ただ、成分含入量が日本人に適しているかは分かりません。外人と日本人では対格差があるので、副作用の発症する確率が高くなる含有量が同じだとは限りませんよね。海外で作られた医薬品が輸入される時には、厚生労働省が治験を行い、その安全性を確認します。それらの試験に合格したものだけを認可しています。

 

もちろん、認可したからとすべての医薬品が安全だとは限りませんが保証はされます。副作用の可能性のある医薬品を無認可の海外製を使用する危険性を考えた上で、使用するようにしましょう。自己責任は当たり前のことです。

 

デュタステリドを購入するのなら皮膚科

やはり、デュタステリドを使用するなら厚生労働省が認可したものを使用した方が安全です。

 

また飲み方など医師の指導のもとで服用しましょうね。プロペシアよりも効果が高いと言っても、その逆に副作用の確率も高まるのですからね。デュタステリドを処方してもらうには、まず一般皮膚科が考えられます。皮膚疾患などの治療を専門にしている地域のクリニックというイメージでしょうか。

 

また、美容皮膚科など、シミ除去、痩身、豊胸術など女性向けの美容皮膚科クリニックでも、薄毛治療を行うようになってきたので、プロペシアやデュタステリド処方を行っています。ただ、こちらもAGA、薄毛治療を専門に行っているわけではありません。

 

最後に、薄毛・AGA治療の専門クリニックがあります。AGA治療・薄毛治療の専門医が処方、治療を行います。「一般皮膚科」「美容皮膚科」「薄毛・AGA治療の専門クリニック」の3つの方法がありますが、中でも、薄毛・AGA治療の専門クリニックをおすすめします。

 

デュタステリドの価格が安い

デュタステリド処方は、自由診療になるので健康保険が効きません。このためクリニックによって価格が違います。

 

この中では、一般皮膚科クリニックが、一番価格が高くなる傾向にあります。プロペシアでも10,000円前後、デュタステリドは「2,000円〜3,000円増し」という感じです。

 

美容皮膚科とAGA専門クリニックでは、皮膚科よりも低価格であることが多いですね。なので、価格面だけで考えるなら美容皮膚科かAGA専門クリニックがいいでしょう。

 

専門医がいるのはAGA治療の専門クリニック

ただ、薄毛、AGA治療を専門に行っているのは、当然専門クリニックです。美容治療の傍らに行っているわけではありません。

 

デュタステリドを飲んでさえいれば大丈夫かと言えば、そうでない方もいます。発毛を目的としている場合は、ミノタブなどと併用する必要もありますし、併用効果を高めるためにビタミン類も併用することがあります。

 

このように医師の経験や専門性が重視されるのがAGA・薄毛治療です。最近では、美容皮膚科の中でも、AGA・薄毛治療を単独にして専門医を配属しているクリニックもあるので、一概には言えませんが、専門医のいる専門クリニックがおすすめです。

 

 

 

まとめ

「デュタステリドが効かない」のでは、不安になっているのなら、デュタステリドは「抜け毛を止め、薄毛の進行を食い止める」薬だと認識してください。

 

そして、もし発毛治療が目的であればミノキシジルやミノタブなどとの併用治療が必要だということも認識してください。多くの方が、「デュタステリドのみで発毛ができる」と間違った認識をしていることが「デュタステリドは効かない」という間違った知識になっているのだと考えられます。

 

また、現在デュタステリドを服用しているのに「効かない」と感じている方も、「デュタステリドを飲む目的が、薄毛予防なのか発毛目的」なのか、今一度考えてください。

 

薄毛予防なのに効かないと感じていますか?ひょっとして、発毛が目的なのでは?

 

発毛目的ならミノキシジルやミノタブと併用治療も考えてください。

 

薄毛予防が目的なのに、デュタステリドが効かないと感じている方は、薄毛や抜け毛の原因がDHT(男性ホルモン:ジヒドロテストステロン)ではない可能性が高いです。生活習慣やストレス、血行不良などあらゆる可能性を考えてください。

 

このような場合には、AGA・薄毛治療の専門医の診察を受けることをオススメします。「安全性・価格や専門医による診察」という観点からも、デュタステリドの購入は薄毛・AGA治療の専門クリニックをおすすめします

サイトマップ Copyright © 2019 薄毛治療の病院おすすめランキング【最新の薬・効果・費用を大調査】 All Rights Reserved.