ゴゴスマ 薄毛特集

ゴゴスマで女性の薄毛特集!

2月26日(金)のゴゴスマで女性の薄毛特集が放送されました。
ヘアメディカルグループのAACクリニック銀座の浜中聡子院長が女性の薄毛について説明されていました。

 

浜中聡子院長のAACクリニック銀座の詳細はこちら

 

 

番組によると、薄毛に悩む女性は年々増加傾向にあるそうです。
薄毛・ハゲというと男性の悩みのようですが、実は違ったんですね。

 

男性の薄毛は「男性型脱毛症」と呼ばれ、原因の多くは「男性ホルモン」と言われています。

 

一方、女性の薄毛は「女性ホルモンの低下、ストレス、加齢」が主な原因と言われており「びまん性脱毛症」と呼ばれています。

薄毛に関するの都市伝説

番組の中で、AACクリニック銀座の浜中聡子院長が薄毛に関する基礎知識を紹介していたので、当サイトでもご紹介します。

薄毛の原因は遺伝えある?

これは、よく言われていることですよね。

 

浜中聡子院長は遺伝による薄毛も否定はできないが、主に後天的な要素によるところが大きいと言っておられます。

 

 

管理人の私が少し補足しますね。

 

お父さんやお爺ちゃんが薄毛・ハゲだからと言って、自分もハゲるかと言えば、そうでうはありません。

 

男性型脱毛の場合、テステステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼ(還元酵素)の影響を受けて、DHT(ジヒドロテステステロ)という悪玉男性ホルモンに変化します。このDHTが毛根に作用して薄毛が進行するんですね。

 

 

“遺伝で薄毛になる”というは、このテステステロンが5αリダクターゼの影響を受けやすいかどうか?なんですね。DHTになれば薄毛になりやすい。DHTに変化する量が少なければ薄毛になる要素も減るということなんです。

 

 

そこで遺伝の影響ですが「テステステロンが5αリダクターゼの影響を受けやすい体質が遺伝する」ということなんです。

 

 

実際に影響を受けるかは、生活習慣によるところが大きいんです。

 

 

睡眠不足、ストレス、運動不足による血行不良、栄養不足などなど。
そのことを浜中聡子院長は「後天的な要素によるところが大きい」と説明されたんです。

 

海藻を食べていれば薄毛・ハゲになることはない?

浜中院長は、これも「ウソ」と断定されていましたよ。
バランスの良い食事が大切とも説明されていました。

 

 

補足すると、

 

髪の毛の栄養は肝臓で作られているのですね。それが血液によって毛根まで運ばれているんです。

 

これが「髪の成長には食事と血行が大切」と言われている理由なんです。

 

では、髪の栄養ですが、海藻類を食べていれば十分かと言えば、身体の健康と同じようにバランスの良い食事が大切である、ということです。

 

バランスの良い食事をすることで、肝臓で分解された栄養素が、それぞれ必要な身体の部位に運ばれるんです。

 

「心臓の働きに必要な栄養素は心臓へ。」「筋肉を作るタンパク質は筋肉へ。」

 

と同じように、「髪の毛の成長に必要な栄養素は毛根へ」

 

これが「バランスの良い食事が大切」ということ理由なんですよ。

 

 

白髪は薄毛にならない?

これは全く根拠のないとのことです。

 

白髪の人は薄毛が目立ちにくいので、そう言われているのでは?とのことでした。

 

補足すると、

 

白髪になる原因と薄毛になる原因は全く違うので、これも根拠のないことと言えます。

 

白髪は加齢により、髪の毛の色素であるメラニンを生成する力が衰えることが原因なんですね。

 

一方、薄毛は、男性の場合は男性ホルモンであったり、女性の場合には、女性ホルモンの低下やストレスなどですね。

 

 

頭皮が固いと薄毛になる?

これもウソのようですよ
加齢によち頭皮は固くなるそうですよ。

 

 

これも補足しますと、

 

加齢により固くなる頭皮と加齢により薄毛になっていく過程が重なるので、頭皮が固くなることで薄毛になることがリンクしたんでしょうね(笑)

薄毛を予防するためには・・・

また、浜中聡子院長はゴゴスマの中で薄毛を予防するために大切なことも説明されていました。

 

生活習慣の見直しでは、

など、ストレスと上手につきあう。
また、紫外線対策も大切だそうですよ。

 

食事:一汁三菜の和定食

先程も説明しましたが、バランスの良い食事が大切というこですね。

 

これは、薄毛だけでなく健康のためにも良いことなので意識することが大切ですね。

 

 

睡眠:午後10〜11時には寝る

髪の毛の栄養が肝臓で作られることは説明しましたが、もう一つ髪の成長に関係することがあるんですよね。

 

それが成長ホルモンなんです。

 

この成長ホルモンが分泌されるのが午後10:00〜午前2:00と言われています。
そして、この成長ホルモンなんですが、睡眠時に一番分泌されるんです。

 

 

つまり、寝ていないと成長ホルモンの分泌量は減るということです。

 

 

運動:こまめに体を動かす

身体を動かすことで血行が促進され、髪の成長を促すということですね。

 

 

しかし、ジョギングとかスポーツジムに通わないといダメということではありません。

 

 

日常生活の中で、工夫をすれば良いということですね。

 

・部屋の掃除をするときに踵を上げるとか、
・窓ふきは、身体全体を使って上下運動をしながらするとか、

 

「日常生活の中で運動をするようにしましょう」ということなので、これはクリアできそうですね。

AACクリニック銀座は女性専門の薄毛治療院です。

病院での薄毛治療というと高額では?というイメージがあると思いますが、そんなことはありません。

 

ヘアメディカルグループのAACクリニック銀座では、「ローンを組ませない」をスローガンとしており、月々の支払も平均15,000〜30,000円で治療できるんですよ。

 

 

育毛剤を購入しても10,000円前後の費用がかかるので、育毛剤に少しプラスするだけで薄毛治療の専門病院での治療が受けれるのは嬉しいことですよね。

 

また、育毛剤では効果が出るのに個人差があります。もちろん高い効果を実感できる方もいますが、多くの方は、その効果を実感することが難しいのではないでしょうか?

 

 

AACクリニック銀座では、患者さん一人ひとりの症状に合わせた治療薬を処方してくれます。

 

これは、ヘアメディカルグループが大学と提携しており600パターンもの治療薬を有しているから可能なんですよ。

 

 

 

AACクリニック銀座は女性専門の薄毛治療院です。

詳細はコチラ⇒

 

男性の方は、ヘアメディカルグループのメンズヘルスクリニック東京で無料カウンセリングができます。

詳細はコチラ⇒

 

page top