エレクトロポレーション 薄毛

エレクトロポレーションによる薄毛治療とは・・・・・

エレクトロポレーションによる薄毛治療とは、どんなものですか?

薄毛治療におけるエレクトロポレーションは、表皮上から特殊な電気パレスを与えることで、一時的に皮膚細胞膜(肌のバリアゾーン)に隙間を開けて、毛髪再生に必要な有効成分を毛根まで浸透させる治療方法です。

 

簡単に説明すると、

 

薄毛治療に効果のある有効成分を頭皮からダイレクトに毛根まで届ける治療方法ということなんですよ。その方法として特殊な電流を使用するんですね。

 

 

針を使わないので「痛みのない治療法」なんですよ。また、有効成分を無駄なく毛根まで浸透させることができるので高い効果が見込めます。

 

バリア機能は治療後、数分で自然に回復するので心配はいりません。
導入する有効成分として、ミノキシジルやプロペシアAAPEなどがあります。

 

同じよな治療方法に、イオン導入と超音波導入がありますが、イオン化できる分子量の小さな薬剤しか導入を行うことが出来ないのでエレクトロポレーションの方がメリットが大きいと言えますね。

薄毛治療におけるエレクトロポレーション
薄毛治療においてエレクトロポレーションとは『育毛メソセラピー』や『HARG(ハーグ)療法』などにおいて注射を使用しないものが考えられます。 「痛くない育毛メソセラピー」とか「痛くないHARG慮法」と宣伝しているクリニックもありますよね。

 

最大のメリットは「痛くない!」ということなんですね。
また、注射で注入するよりも毛根に万遍なく有効成分を行き渡らせることが出来ることもメリットと言えるでしょう。

レクトロポレーションの注意事項

エレクトロポレーションの施術を受けることが出来ない方もいるのでお知らせしますね。

 

  • ペースメーカーを使用している方

微弱電流によりペースメーカーが誤作動を起こす場合があります。

 

  • 妊娠している方

特に妊娠初期の方は胎児に影響を与えることがあります。

 

  • 手術などにより身体に金属プレートなどを入れている方

過度の電流が金属プレートに集中してしまう恐れがあります。

 

 

薄毛治療に、とても効果の高いエレクトロポレーションですが医師の指示に従い、正しく使用することがとても大切です。病院ではない育毛サロンなどでも施術するところがありますが、電気パレスの強さに制限があります。
病院で行なうよりも弱い電流しか使用できません。また、弱いからといって安全性が担保されたわけではありません。

page top