ロゲインは元々は・・・・・

薄毛に悩んでいる人は、もう知っていると思いますが「ロゲイン」という育毛剤がありますよね。

 

このロゲインという育毛剤の主成分はミノキシジルなんですが、直接頭皮に塗って使用する育毛剤です。
アメリカの製薬会社から発売されている育毛剤で、その売上は世界トップなんですよ。安全面においても信頼のできる会社です。

 

ロゲインは、元々、血圧の高い患者さんのためお降圧剤として作られた薬でしがたが、副作用として薄毛を改善させる効果のあることが発覚してから、研究がなされ育毛剤として発売されることになったのですよ。

 

 

それでも多くの人には、なじみの薄い成分・ミノキシジルですが、実はこの成分は日本皮膚学会も強く勧めている成分なんですよ。

 

この日本皮膚学会自体は、歴史もあり有名です。
この学会の勧めているロゲインの成分・ミノキシジルでひどく健康を損なった人はいないということで安心できますね。

 

ただし、服用者の中には少数ではありますが、頭皮がかぶれたり、かゆくなるなどの症状が出る人もいます。ひどいものはありませんが、もし頭皮が弱くかぶれやすいのなら避けた方が無難かもしれませんね。

 

また元は高血圧患者向けのものなので、低血圧の方も一応服用を控えた方がいいかもしれません。

ロゲインの効果

では一番気になるロゲインの効果です。

 

ロゲインが、どのように育毛を行うかと言うと、ミノキシジルが血管を拡張させ、血液中より栄養分を取り込むことによって、髪の毛を育てる毛母細胞に栄養を送ることで発毛を活性化させるのです。

 

具体的な数字としては、大正製薬が行った臨床実験のデータでは、なんと約98パーセントもの対象者の人が薄毛に対して効果が出たという結果になりました。
もちろん、これは定められた用法を守ることが前提です。

 

一日二回、一回2ミリリットルの塗布が最も効果がでるとされています。

 

難点としては生え際のハゲに関しての効果が薄いということですが、それでも頭頂部の薄毛にお悩みの方などは一度使ってみる価値はあります。
もし、他のものでは効果がなかったという方や、危険そうな育毛剤に手を出そうとしている方がいたら、このロゲインを試してみてはいかがでしょうか。