セファランチンに育毛効果はあるのか?気になる副作用は?

 

★薄毛治療の処方薬としてセファランチン1rを処方されたのですが効果はあるのでしょか?また、副作用にはどのようなものがあるのでしょうか?

■セファランチンは円形脱毛症に効果ある?
一般的に、セファランチンは円形脱毛症や女性特有の粃糠(びんまんせい)性脱毛症の治療に処方されることが多いようです。AGA治療の専門クリニックというよりは、薄毛治療において皮膚科を受診された時に処方されることが多いようですね。また、癌の放射線治療の副作用として白血球減少症の治療に用いられているようですね。

 

また副作用の心配をされているようですが、

 

主な副作用としては、「食欲不振・胃部不快感・発疹・皮疹・かゆみ・はきけ・下痢・頭痛・めまい・顔、手足のむくみ・月経不順」などが考えられるようです。このような症状が出た時は、処方してもらった医師に相談しましょうね。

 

また、セファランチンは飲み合わせにも注意が必要なようです。併用している薬の効果をお互いに強めたり、弱めたりする作用が考えられるようです。薬局で購入した薬でも医師の判断を仰ぎたいものですね。

 

■セファランチンの育毛効果は・・・・
セファランチンには血液を作る機能を回復する作用があるほか、抹消血管拡張し血液循環を改善して毛根に栄養を供給する効果があるんです。そのためセファランチンを配合してある育毛剤もあるほどです。

 

「では実際に薄毛を改善する効果があるのか?」ということですが、大きな変化を期待しているのなら、あまり効果はないでしょうね。

 

皮膚科で処方されたのならフロジン液と併用するように指導されたのでありませんか?フロジン液は外用薬で頭皮に使用する塗り薬です。一般的にフロジン液外用薬5%を使用することが多いですね。

 

セファランチンとフロジン液を併用するのですが、円形脱毛症には一定の効果を期待することは出来るのですが、天頂部の薄毛や生え際の薄毛には効果は低いのが現状です。

 

 

 

■日本皮膚科学会のガイドラインでは・・・・・
日本皮膚科学会のガイドラインでは「使用しない方が良い」と報告されてます。

 

AGA(男性型脱毛症)に対するセファランチンの外用薬の有効性を検証した報告は1例あるだけです。(国内からの症例報告)

 

その報告内容は、

 

1%のフィナステリドの内服薬と5%のミノキシジルの外用薬を使用している男性型脱毛症の患者さんに、セファランチン外用液5%を併用したところ、前頭部の毛髪に増毛効果が認めらました。

 

一方、女性の薄毛に対する効果は検証されていませせん。この報告から分かるように、1例しか報告がありません。「効果がある」とするには検証結果が少なすぎるんですね。

 

臨床検査が行われ検証結果が十分に報告されるまでは、使用しない方が良いでしょう。効果のほどは確かではないのに副作用の報告はされているのですから。

薄毛を治療するなら専門クリニック

皮膚科での治療が、

  • 男性型脱毛症の場合⇒ミノキシジルとフィナステリドの併用
  • 円形脱毛症の場合⇒セファランチンとフロジンの併用

から抜け出せないのに対して薄毛治療・頭髪治療の専門クリニックでは、病院独自の治療薬を開発しています。

 

 

ミノキシジルとフィナステリドの効果を高めるビタミン剤の導入であったり、発毛を目的と治療が主流になっているので、薄毛を改善したい方には魅力ある治療が受けれます。

 

オリジナル治療薬では、臨床データを提携大学と共有して新たな治療薬の開発にも務めているクリニックもあるほどなんですよ。

 

 

また、内服薬や外用薬による治療にとどまらず育毛メソセラピーはHARG療法というような、薄毛治療薬を頭皮からダイレクトに注入する治療も行われています。

 

注入する治療薬として発毛因子である幹細胞(グロースファクター)を使用することが多いく、他にもフィナステリドやミノキシジルの効果を高めるためにビタミン剤など、クリニックにより多彩なものとなっています。

 

発毛率は99%を越えています。公式サイトでは治療前と治療後の写真を公開しているクリニックも多いので参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

セファランチンに育毛効果はあるのか?気になる副作用は?