九州に3か所しかない薄毛治療の病院

 

長崎県諫早市は、本諫早駅より徒歩5分のところに「東京美容外科メンズ専科・長崎諫早院」という病院があります。

 

美容外科や皮膚科を専門とする病院ですが、実は、もう一つの専門である薄毛治療・AGA治療を行っているんです。

 

AGAとは、男性型脱毛症のことですが、男性ホルモンが原因で起こる脱毛症のことです。頭の前部からハゲ上がったり、頭頂部から次第に薄くなっていくという典型的な男性のハゲの症状のことです。

 

このAGAの原因を突き止めて、そこに薄毛治療を施して発毛を促進するのがAGA治療です。

 

この薄毛治療を行う病院は、九州では福岡、佐賀、そして長崎県の3か所しかありません。

 

東京美容外科メンズ専科の詳細はこちら

 

 

病院での薄毛治療が一番良い?

自分が薄毛だと自覚したら、まず育毛剤や育毛シャンプーを試してみるのではないでしょうか?

 

しかし、脱毛の症状は同じでも、脱毛の原因はそれぞれ異なるので育毛剤などの効果を実感できる人は限られているのが現状なんですよね。

 

また、育毛サロンなどで増毛も薄毛対策の一つですね。

 

しかし、継続的に通わねばならず費用の問題や、また人工増毛は根本的な解決にはならないなどの点も問題ですよね。

 

あるいは、病院で植毛を行うとう方法もあります。
植毛の効果は素晴らしいものがありますが、自分の皮膚とともに取った髪の毛(毛根付き)を、他の部分に埋め込むという移植手術です。少し敷居の高い方法かもしれません。怖いですもんね(笑)

 

仕事上でやむおえない事情があるなら別ですが、通常の薄毛対策にそこまでする人は、まだまだ少ないようですよ。費用も100万円も超えるのが当たり前ですから・・・・・。

 

 

そこで注目されているのが薄毛・AGA治療です。
薄毛の原因となる悪玉男性ホルモンを抑制し、体質面から育毛を促すという王道と呼べる薄毛治療です。

 

薄毛治療には内服薬と外用薬を同時に使用して、相乗効果を発揮させるというものです。

 

内服薬にはフィナステリドが使用され男性ホルモンが原因の抜け毛を抑制します。また、外用薬にはミノキシジルが使用され血行を促進して栄養を毛根まで届けることで発毛を促すのです。

 

また、育毛メソセラピーとい、直接、頭皮から発毛薬を注入するという治療もあります。これは内服薬や外用薬では高い効果を得られなかった人にオススメです。

 

アンケートによると、この薄毛治療を実際に受けた人のうち、実に99.4%もの人が効果を実感しており、その育毛プロセスの写真を見れば効果を疑う余地がありません。

 

薄毛治療を諦めた人や、薄毛対策として何をすれば良いのが分からない人は、医師の提供するAGA治療に注目ですよ。明るい未来が待っています。

 

 

東京美容外科メンズ専科の詳細はこちら

 

 

 

トップへ戻る